Q&A (修理関連)

2014.03.01

Q.ローランド、ボス、エディロールのACアダプターは他社製品にも使用できるのですか?
A.ローランド、ボス、エディロールのACアダプターは指定の製品にのみご使用ください。
ACアダプターは、形状や電圧・消費電流が同じであっても、プラグ部分の +/-の極性の違い、安定化タイプ、非安定化タイプなどの違いがあります。 ローランド、ボス、エディロールのACアダプターを指定以外の製品に使用することは電源部の損傷や誤動作の原因となります。 また、逆に他社のACアダプターを弊社製品に使用した場合も損傷や誤動作の原因となりますので、ACアダプターは指定の製品にのみご使用ください。
Q.ボスのエフェクターやチューナーを使用しているのですが、下記のような症状が発生します、故障なのでしょうか?
  • □ Check LEDが薄っすらとしか点灯しない
  • □ Effect ON/OFFが出来ない
  • □ 音切れがする
  • □ ノイズが出るようになった
  • □ 誤動作する
A.ボスのコンパクトエフェクターやチューナーなどの修理依頼の内、故障ではなく、電池切れもしくは指定以外のACアダプターを使用されていることが原因でご質問のような症状が発生しているものが多数あります。 まず一度、ご使用の電池の交換もしくはACアダプターをご確認の上、それでも症状が改善されない場合は、お近くの販売店様もしくはローランドお客様相談センター修理担当まで修理をご依頼ください。
Q.製品修理料金の目安はどうなっているのですか?
A.次の通りとなっております。( 別頁 修理料金概算表 参照 )
1.持込修理
技術手数料 + 交換部品料 + 税
2.訪問・出張修理
技術手数料 + 交換部品料 + 出張料金 + 税
*) 出張料金は、お客様所在地により異なります。当社サービス拠点が無い地域におきましては、主要都市(県庁所在地/政令指定都市)に当社サービス拠点があるものとし、そこに至るまでの費用は当社にて負担いたします。
3.修理お見積り
    お見積書発行は、有料 (機種に応じた点検/診断料 + 税)にて対応させていただきます。お見積りの内容をご確認いただいた上で修理をご依頼される場合は、お支払いいただいたお見積り料金を、実際の修理料金へ充当(差引き)させていただきます。
*) 修理お見積りを承る際は、実際にはその製品をお預りして故障個所・内容の確認をさせていただく事になります。但し、重量製品などお預りが難しい製品につきましては、その故障症状に基づく過去の類似修理事例からの推測によるお見積書の提示とさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
Q.電子ピアノ、電子オルガンなどは、調律や調整は必要ないのですか?
A.電子ピアノ、電子オルガン、キーボードなど電子鍵盤楽器は、調律は必要ありません。但し、永くお使いになると(使用頻度にもよりますが、)消耗部品の自然磨耗により十分な性能を発揮できなくなる場合があります。一定期間経過ごとに事前に鍵盤内部消耗部品(フェルトやグリスの追加塗布など)、スイッチ、ランプおよびメモリー保持用のリチウム電池などの消耗部品交換などを行いますと常に最良のコンディションでお使いいただけます。弊社電子ピアノ、電子オルガンの点検に関するご質問・ご要望はローランドお客様相談センター修理担当までお気軽にご相談ください。
Q.製品は何年くらい修理対応して貰えるのですか?
A.製品機種にもよりますが、製品の補修対応は、性能部品(外観部品、付属品などを除く、製品機能を維持するために必要な部品)を主とし、その最低補修期間は製造完了後 6年~8年となります。この性能部品保有期間を補修可能期間とさせていただきます。(性能部品保有期間は、お買い上げいただいた製品に付属されている保証書に記載されています)  但し、昨今では部品メーカー側での早期製造打ち切りや入手困難な状況の発生に伴い、期間満了以前に対応出来なくなる場合がありますので予めご了承願います。 故障内容によっては、期間満了後も補修可能な場合がありますので、まずは、お電話にてローランドお客様相談センター修理担当までご相談ください。
Q.JC-120は現在も販売されている現行モデルなのに、以前のものは修理ができない場合があると聞きましたが、どうしてでしょうか?
A.JC-120は1975年 9月に発売され、現在まで世界中でご愛顧いただいている人気モデルです。一般的に、20年以上に渡り、継続して全く同じ電子部品を入手するというのは現実的に難しいものがあります。  メーカーとしては、その製品の基本的な機能や仕様を出来る限り変えずに世代交代していくよう努力はしておりますが、この間における使用部品の改廃などにより、変更を余儀なくされる場合もあり、必ずしも100%の互換性があるものではありません。自動車など、同じ車種に型式があるのと同様、JC-120という機種名は同じであっても、正式にはJC-120JT、JC-120U 等、製品裏面のネームプレートに型式名が印刷され、年代別に型式名・使用部品が変更されていることによるものです。