STUDIO-CAPTURE Driver Ver.1.0.2 for macOS 10.12 / OS X 10.11


※ 新しいドライバをインストールする前に、旧ドライバをアンインストールしてください。アンインストールの方法は、解凍後に作成される Readme.htm ファイルに記載されています。
※ ドライバを更新するとバッファ設定が初期値に戻りますので、再度設定を行ってください。



ドライバのインストール方法
ダウンロードを行ったファイルはアーカイブ・ファイルとなっています。インストールの方法など詳しくは、解凍後に作成される Readme.htm ファイルに記載されています。Readme.htm(※)ファイルは、ドライバをインストールする前に必ずお読みください。
※ Readme.htm の記載内容につきましては、このページに記載されている内容と異なる場合があります。最新情報は、このページに記載されている内容をご確認ください。

【 OS X El Capitan (10.11) でのご注意】
インストールの際、「 STUDIO-CAPTURE Driver Ver.1.0.2 for macOS 10.12 」と表示されますが、OS X 10.11 で問題なくお使いいただけます。


動作条件
このドライバは、以下の動作条件が必要になります。

※ お使いのオーディオ/MIDI アプリケーションが必要とする動作条件、お使いのオペレーティング・システムが必要とする動作条件もご確認ください。

●対応 OS
macOS 10.12
OS X 10.11
●対応パソコン
USB ポートを標準で搭載している Apple Mac シリーズ

※ USB 3.0 ポートに接続した場合でも、製品本体のパフォーマンスが変わるものではありません。
※ Windows が動作している Mac はサポート対象外となります。


  • Apple, Mac, OS X は、米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。
  • macOS は、Apple Inc. の商標です。
  • 文中記載のその他の会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。