RD-700SX システム・プログラム(Ver.1.07) for Macintosh

RD-700SXシステム・プログラムは、RD-700SXを最新バージョンにアップデートするために使用するプログラムです。( for Macintosh)

バージョンの確認方法
変更内容
アップデートに必要なもの
アップデート作業における注意点
ダウンロードと圧縮ファイルの解凍
アップデート手順
 
バージョンの確認方法

~ダウンロードをする前に、チェックしてください。~
  1. パネルの左端にある VOLUME スライダの上の [ V-LINK ] ボタンを押しながら 電源を ON して、バージョン・ナンバーが画面に現れるまで 10 秒程度 [ V-LINK ] ボタンを押しつづけます。
    (通常の状態にするには、再度電源を入れなおします)

    ※バージョンが 1.07 以上の場合は、本アップデートは行わないでください。
 
変更内容
[ Ver.1.07 ][ Ver.1.06 ][ Ver.1.05 ][ Ver.1.04 ]
    • 鍵盤演奏をしながら Zone Level を変更すると、ごくまれに音が鳴り続ける点を修正しました。
    • ごくまれに USB - MIDI 間の送信が止まる点を修正しました。
    • MacOS X とのストレージ接続の解除後、再接続ができなくなる点を修正しました。
    • 「ステップ・フランジャー」で、特定の RATE で早い動作をすることがある点を修正しました。
    • 「 Superior Grand/Superior Grd 」の音色で L / MONO 接続して演奏した場合、特定の鍵だけ不自然に聞こえる点を修正しました。
    • まれに音量が小さくなることがあった点を修正しました。
    • 以下の音色を SETUP に記憶した際にモジュレーション操作による音色変化が得られなかった点を修正しました。
      078:Perc.Organ1
      079:Perc.Organ2
    • ONE TOUCH PIANO モードで特定の順番で押鍵した後、MONO モードの音色を演奏すると、鳴りっぱなしになることがあった点を修正しました。
 
アップデートに必要なもの
RD-700SX にシステム・プログラムをインストールするために、以下のツールが必要になります。
  • RD-700SX 本体
  • RD USB Driver をインストールし、以下の条件を満たしたコンピューター
    ・ Windows 98, 98SE, Me, 2000, XP を搭載した PC
    ・ Mac OS X 以降の Macintosh
  • USB ケーブル
  • 簡易 SMF プレイヤー
 
アップデート作業における注意点
  • 本アップデートが正常に行われる場合は、RD-700SX の SETUP データや内蔵フラッシュメモリー ( Storage ) にあるファイル類がなくなることはありませんが、不慮の事故を防ぐため、アップデート作業を行う前にSETUPデータやファイル類を、お使いの PC / Mac に保存しておくことをお勧めします。
    (取扱説明書 P.87 セットアップ・ファイルをメモリーに保存する)
    (取扱説明書 P.105 コンピューターとファイルのやりとりをする)
  • インストール中は絶対に電源を切らないでください。システムが破壊され、使用できなくなることがあります。この場合は、お求めの販売店、または、ローランド・サービス・ステーション までご相談ください。
  • アップデート作業環境のない場合などにご利用いただけるよう、ローランドでは有償アップデートのサービスをご用意しています。お求めの販売店、または、ローランド・サービス・ステーション までご相談ください。
  • このシステム・プログラムに関するインストールの操作手順などのお問い合わせにはお答えできません。あらかじめご容赦ください。ここに書かれている情報を元に、自己責任において作業をお願いいたします。
 
ダウンロードと圧縮ファイルの解凍
[ Macintosh をお使いの場合 ]

  • RD700sx_107.sit と 簡易 SMF プレーヤ「 UpdSMF 」( ダウンロード:MacOS X 版 )を適当なフォルダにダウンロードしてください。
    ダウンロードしたファイルは Stuffit アーカイブのファイル、および自己解凍型ファイルになっていますので、ダウンロード後 Stuffit Expander などにより解凍してください。解凍が終了すると、rd700sx_v107.mid ファイル(システム・プログラム)、および UpdSMF が入った UpdSMF_10 フォルダが現れます。
 
アップデート手順
  • 下記の手順に従って、解凍したシステム・プログラムを RD-700SXへインストールしてください。

  • アップデートの実行中は、RD-700SX の電源を絶対に切らないでください。
  1. コンピュータの電源を投入します。
    ( RD USB Driver がインストールされていない場合は、取扱説明書 P.106 をご覧の上、インストールしておいてください。)
  2. RD-700SX 本体のパネル右上の [ EDIT ] ボタンと [ NUM LOCK ] ボタンを押しながら本体の電源を投入します。

    LCD には次のような画面が表示されます。
    Vendor Driver
  3. コンピュータと RD-700SX 本体を USB ケーブルで接続します。
  4. コンピュータ上の簡易 SMF プレイヤー“UpdSMFj.exe” ( Mac の場合は“UpdSMF”)を起動します。
  5. UpdSMF を以下のように設定します。

    [MIDI OUT Device]
    -> Roland RD を選択します。
    [SMF Path]
    ->アップデート用 SMF の Path( rd700sx_v107.mid ファイルが存在するフォルダ名)を指定します。
    [Scan SMF]
    ->ここをクリックして、リスト欄に "rd700sx_v107mid"と 表示されるのを確認します。
  6. 以上の設定が完了したら UpdSMF の [ Send ] をクリックします。
    データ転送が開始されると RD 本体の LCD が点滅し始めます。( 1 ~ 2 分程度かかります)
    ※転送が開始したら RD の電源を切ったり USB ケーブルを抜いたりしないでください。
  7. データ転送が完了すると Program ROM への書込み状態に移行します。

    ROM への書込み中には LCD に以下の画面が表示されパネル上の LED が全点灯します。
    Writing...
    ※書き込み中は絶対に電源を切らないでください。システムが破壊され、 使用できなくなることがあります。この場合は、お求めの販売店、または、 ローランド・サービス・ステーション までご相談ください。
  8. 約 1 分後、書込みが完了すると LCD は以下の画面を表示し、パネル上の LED が点滅します。
    Writing... Done.
  9. 上記画面と LED の点滅を確認したら USB ケーブルを抜き、RD 本体の 電源を切ります。
  10. 最後にもう一度、バージョンを確認して、1.07 になっていることを確認します。

ダウンロードファイル
Mac OS X用