Fantom-G6/G7/G8 システム・プログラム(Ver.1.50)

このシステム・プログラムは、お手持ちの Fantom-G6/G7/G8 のシステム・プログラムを最新のバージョンにアップデートするために使用するプログラムです。

対象製品:Fantom-G6 / Fantom-G7 / Fantom-G8

■このプログラムは、Fantom-G6/G7/G8 専用です。
■アップデートは、USB メモリーを使用します。適切なアップデート作業を行うために、説明内容を必ずお読みください。
■システムプログラム Ver.1.50 で Fantom-G Editor/Librarian をお使いいただく場合、Editor Ver.1.20 以降ならびにLibrarian Ver.1.30 以降が必要です。
<お知らせ>
弊社製品と Windows XP を組み合わせてお使いになる場合のサポート終了について ( 2014.03.10 )

バージョンの確認方法
変更内容
アップデートに必要なもの
アップデート作業における注意点
ダウンロードと圧縮ファイルの解凍
アップデート方法について
 
バージョンの確認方法
~ダウンロードをする前に、以下の手順でバージョンを確認してください。~
  1. Fantom-G 本体の電源を入れます。
  2. [ MENU ] を押します。
    MENU ウィンドウが表示されます。
  3. [ F2 System ] を押すと System Setup 画面が表示されます。
  4. [ F4 Info ] を押します。
  5. [ F1 Group/Up ]、[ F2 Group/Down ] を押して Version Info を選びます。
    Version Info の画面になり、LCD にバージョンナンバーが表示されます。
    ※最新バージョンになっていた場合、アップデートの必要はありません。

変更内容
[ Ver.1.50 ]
  • 機能追加
    • ファイルに関する機能を追加
      • インターナル・メモリー、または USB メモリーに保存されているファイルのコピーや削除、移動をします。
      ※詳細は、「 Fantom G バージョン1.50 追加マニュアル 」を参照ください。
  • 機能変更
    • [ SYSTEM ] → [ Knob/Slider ] → [ Knob Slider Mode ] の初期値を以下のとおり変更しました。
      • 「 MULTI 」→「 CATCH 」
  • コンテンツ追加
    以下のコンテンツを追加、入替えました。
    アップデート後にファクトリー・リセットを実行すると、追加されたこちらのコンテンツをご利用頂けます。
      追加・
    変更さ
    れた数
    合計  備考
    シングル・パッチ 176 176 一部、Ver.1.30 と重複。
    ライブ・セット 214 214 Ver.1.30 の 36 ライブセットを一新して、新規 214 セットを追加。
    スタジオ・セット 10 42 Ver.1.30 で追加された 32 セットに新規 10 セットを追加。
    ソング 9 12 Ver.1.30 で追加された 15 曲の内 12 曲を削除し、新規 9 曲を追加。
    RPS セット 52 61 Ver.1.30 で追加された 9 セットに新規 52 セットを追加。
    リズム・パターン・
    セット
    16 48 Ver.1.30 で追加された 32 セットに新規 16 セットを追加。
    リズム 19 33 Ver.1.30 で追加された 14 セットに新規 19 セットを追加。
    コード・メモリー・
    セット
    0 4 Ver.1.30 からの変更はなし。
    コード・メモリー 0 128 Ver.1.30 からの変更はなし。
    アルペジオ・セット 1 1 Ver.1.30 で追加された 1 セットを入替え。
    アルペジオ 55 128 Ver.1.30 で追加された 128 個の内、55 個を新規のものに入替え。
    フレーズ 725 1500 Ver.1.30 で追加された 933 個の内 158 個を削除し、新規 725 個を追加。
    サンプル・パッド・
    セット
    2 2 Ver.1.30 で追加された 3 個の内、1 個を削除、1 個を新規のものに入替え。
    サンプル 42 74 Ver.1.30 で追加された 74 個の内、42 個を削除、新規 42 個を追加。
    ※プリセットに変更はありません。
    ※ Ver.1.30 で追加されたコンテンツは、Ver.1.50 のコンテンツに置き換えられます。
[ Ver.1.31 ]
  • 不具合修正
    • Save As Project で既存のプロジェクトに上書き保存すると、テンポラリー・ソング以外のデータが消える。
    • 起動時にフリーズすることがある。
      以下 2 つの条件が重なると症状が発生する。
      • 起動時にロードするプロジェクトの容量が、ある程度大きい。
      • システム・パラメータの "Sync Output" が ON に設定されている。
    • ARX の音が途切れることがある。
      ARX の受信チャンネル以外のプログラム・チェンジを受信すると、ARX の発音が途切れたり、パッチ名が"---"と表示されたりする。
    • マイクロ・スコープの表示不具合。
      フレーズをマイクロスコープ表示するとき、各演奏データの位置情報(小節/拍/ティック)が、拍子の設定にかかわらず4/4拍子の形式で表示される。
[ Ver.1.30 ]
  • 機能追加
    • アルペジオ機能の強化
      • アルペジオ・インポート機能でオリジナルのアルペジオ・スタイルを作成可能
      • アルペジオ・スタイル数追加
    • ライブ/スタジオ・セット機能の強化
      • テンポ、RPS /リズム・パターン・セット・ナンバーをライブ/スタジオ・セットに記憶
    • RPS /リズム・パターン・セット機能の強化
      • 鍵盤でRPS /リズム・パターン・セットを演奏できるモードを追加
      • RPS /リズム・パターン・セット数追加
    • 新ピアノ音色追加
    • その他の追加機能
      • つまみ、スライダー、D ビーム、S1/S2 ボタンで、複数のパートを同時にコントロール可能
      • フレーズの拍子設定が可能
      • 新規プロジェクト作成( Create Project )で、インターナル・メモリーを選択可能
  • コンテンツ追加
    以下のコンテンツを追加しました。
    アップデート後にファクトリー・リセットを実行すると、追加されたこちらのコンテンツをご利用頂けます。
      追加さ
    れた数
    合計  
    アルペジオ 40 128  
    コード・メモリー 64 128  
    ソング 13 15 録音用テンプレート7曲を含む
    フレーズ 853 932  
    サンプル 42 74  
    Sample Pad Set 3 3  
    RPS Set 8 9  
    Rhythm Pattern Set 30 32  
    シングル・パッチ 4 1668  
[ Ver.1.20 ]
  • ○機能追加
    • SEQUENCER
      • SMF での保存( Save As SMF )に対応 ( SONG/PHRASE )
      • Track Edit 機能の追加 ( COPY/INSERT/DELETE )
      • Auto Track 機能
      • SONG PLAY/EDIT 画面での Current PART/PATCH の変更機能
      • SONG PLAY/EDIT 画面で、縦方向最大 ZOOM を 24 TRACK まで拡張
      • SONG REC 中の INPUT QUANTIZE 変更機能
    • システム
      • 1GB の DIMM に対応
        1GB でのサンプリング時間は、モノラル:202 分、ステレオ:101 分です。 ※本機は Unbuffered ( non-Registered ) タイプの DIMM のみお使いいただけます。
        Buffered ( Registered ) タイプの DIMM はお使いいただけません。
      • Sample List / Import Audio において“マーク”機能を追加
    ○不具合修正 「 こちら 」をご覧ください。
    ○ご注意 Ver.1.20 にアップデートすることで、いくつかのデフォルト値が変更になります。詳細は「 こちら 」をご覧ください。
    ※追加された機能の使い方など詳細については、「 Fantom G バージョン 1.20 追加マニュアル 」をご覧ください。
[ Ver.1.10 ]
  • ○機能追加
    • UNDO/REDO, Rec Cancel 機能を追加
    • Multi-Sample Edit 機能を追加
    • Favorite Play 画面を追加
    • Sample BPM Calculation 機能を追加
    • SINGLE MODE 時に Part Offset パラメータやコントロール・チェンジ番号等を初期値に戻す機能を追加
      ( [ SHIFT ] ボタンと [ SINGLE ] ボタンを同時に押す)
    • Input Setting 画面にレベルメーター、Input Effect を追加し、同時に見ることができるようにした
    • SONG EDIT/PLAY 画面の TRACK ORDER の変更を SONG に保存できるようにした
    • Wallpaper の Delete 機能を追加(ユーザーデータのみ)
  • ○不具合修正
    • 以下の不具合を修正しました。
    • Save As Project において、フェイバリット機能の一部(テキスト・ファイル、Set Song の情報)、Wallpaper、Bookmark が保存されない。
    • ARX ボードを装着していない状態で特定の操作を行うと、ハングアップする
    • USB Memory を指していない状態で FORMAT USB Memory を実行すると、ハングアップする
    • Pedal で Hold 中に Live Set を切り替えると、Patch Remain が効かないパートがある
    • SONG の再生を最後まで行うと、曲の最後で再生が止まらないことがある
    ※追加された機能の使い方など詳細については、「 Fantom G バージョン 1.10 追加マニュアル」をご覧ください。

アップデートに必要なもの Fantom-G6/G7/G8 にシステム・プログラムをインストールするために、下記のツールが必要になります。
  • Fantom-G6/G7/G8 本体
  • 以下の OS が動作しているコンピュータ
    • Windows XP/Vista ( 64 ビット版を除く), Windows 7
    • Mac OS X v.10.4.3 以降
  • USB メモリー( M-UF1G/M-UF2G )
  • アップデート用ファイル(このページからダウンロードします)

アップデート作業における注意点
  • このアップデート・データは、Fantom-G6/G7/G8 以外の製品には絶対に使用しないでください。他の機器のデータやシステムが損なわれる可能性があります。
  • アップデート作業中に電源が切れるなどの事故が起った場合は、一度本体の電源を切り、再度電源を入れ直して、もう一度アップデートを実行してください。
    それでもアップデートできない場合は、アップデート用ファイルが USB メモリーに正しくコピーされていない可能性が考えられます。もう一度アップデートファイルをコピーして、アップデートを実行してください。
    それでもなおアップデートできず、通常モードでは起動しなくなった場合は、修理等が必要となります。ローランド お客様相談センター 修理担当窓口までご相談ください。
  • アップデート・プログラムの入手ができないお客様やダウンロードがうまくできなかったお客様などを対象に、有償アップデートを承ります。お求めの販売店、または、ローランド お客様相談センター 修理担当窓口までご相談ください。
  • このシステム・プログラムに関するインストールの操作手順などのお問い合わせにはお答えできません。あらかじめご容赦ください。ここに書かれている情報を元に、自己責任において作業をお願いいたします。

ダウンロードと圧縮ファイルの解凍
fantom_g_v150.zip を適当なフォルダにダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは zip 形式ファイルになっています。その後お使いの OS に応じて、以下の手順で解凍します。

[ Windows XP/Vista/7 をお使いの場合]
fantom_g_v150.zip ファイルのアイコンを右クリックして表示されるメニューから「すべて展開」を選び、画面の指示に従って展開を行います。
fantom_g_v150 フォルダが現れ、その中に2つのファイル、fan_g_upa.bin, fan_g_upc.bin が現れます。

[ Macintosh (MacOS X) をお使いの場合]
お使いのブラウザや設定によって動作が異なりますが、一般的には自動的に解凍が行われて、fantom_g_v150 フォルダが現れます。
その中に2つのファイル、fan_g_upa.bin, fan_g_upc.bin が入っています。
自動的に解凍が行われない場合は、fantom_g_v150.zip ファイルのアイコンをダブルクリックすると、fantom_g_v150 フォルダが現れます。

アップデート方法について ※正常に処理が終了すれば本体メモリーの内容は残りますが、あらかじめバックアップを行うことをおすすめします。
取扱説明書「メニュー・リファレンス」の「プロジェクトに関する設定」をご覧いただき、「 Backup Project 」を実行して USB メモリーにプロジェクトを保存してください。
Backup した Project を本体に書き戻す際には、「Restore Project」を実行して電源を再投入してください。
※アップデートを実行している間は、Fantom-G6/G7/G8 の電源を絶対に切らないでください。本体システムが正常に立ち上がらなくなる可能性があります。
  1. パソコンを使って、アップデート用ファイル( fan_g_upa.bin と fan_g_upc.bin)を USB メモリーのルート・フォルダ(一番上の階層)にコピーします。
    (必ず fan_g_upa.bin と fan_g_upc.bin の両方をコピーして下さい。)
  2. パソコンや USB メモリーの取扱説明書などの記載に従って、USB メモリーの接続を解除(停止)した後、USB メモリーをパソコンから取り外します。
  3. Fantom-G6/G7/G8 の電源が切れていることを確認した後、USB メモリーを Fantom-G6/G7/G8 に接続し、電源を入れます。
    自動的にアップデートが始まり、LCD が青い画面になります。所要時間は、およそ 20 秒程度です。
    Completed! と表示されたら、アップデートは終了です。
  4. Fantom-G6/G7/G8 本体の電源を切ります。
  5. USB メモリーを取り外してから、Fantom-G6/G7/G8 本体の電源を入れ、最新バージョンになっていることを確認します。(バージョンの確認方法
※ USB メモリーを抜かずに電源を入れると、再びアップデートが行われます。
※アップデートに使用した USB メモリーを本体で通常使用するには、USB メモリー上のアップデートファイル( fan_g_upa.bin と fan_g_upc.bin )を削除してください。
ダウンロードファイル
Windows 7 / Windows Vista / Windows XP / Mac OS X用