CD-2e システム・プログラム(Ver.1.100) for Windows

CD-2e システム・プログラムは、CD-2e を最新バージョンにアップデートするために使用するシステム・プログラムです。 (for Windows)

<お知らせ>
弊社製品と Windows XP を組み合わせてお使いになる場合のサポート終了について ( 2014.03.10 )
バージョンの確認方法
変更内容
アップデート作業における注意点
ダウンロードと圧縮ファイルの解凍
アップデート手順
 
バージョンの確認方法
  1. [ メニュー ] ( MENU ) を押しながら電源を入れると、以下の画面になり、下段左に「 Ver. *.***(****)」 と表示されます。(画面が表示されたら、[メニュー] ( MENU ) から指を放します。)
    --------------
    | Roland CD-2e
    | Ver.1.010 (E66B)
    --------------
    上記は Ver.1.010 での表示例です。

    ※ Ver 右の数字が最新バージョン 1.100 の場合には、アップデートは必要ありません。
  2. バージョンの確認が終了したら、電源を切ります。
 
変更内容

[ Ver.1.100 ]
  • 機能追加
    • CD や SD メモリー・カード上の曲に対して、以下の設定を変更して新しい曲を作る機能を追加しました。
      • 曲の音程(キー)
      • 曲のピッチ
      • 曲の再生スピード
      • センター・キャンセルをかける
    • メトロノームのテンポ設定で、タップ入力が可能になりました。
    • メトロノームの音量を調整出来るようになりました。
    • センター・キャンセルについて、効果のバリエーションを追加しました。

    追加機能について詳しくは、CD-2e 追加機能のお知らせ(Ver.1.10)も合わせて参照してください。

  • 不具合修正
    • リバーブをかけたまま「 CD 書き込み」を実行すると、外部入力の音も混じって録音される症状を修正しました。
[ Ver.1.010 ]
  • VOLUME つまみを最小にした状態で電源を入れても、LINE OUT 端子 から音声が出力される不具合を修正しました。
  • CD バックアップで、操作手順によっては、バックアップした CD の先頭約 1 秒が無音になってしまう場合があり、この不具合を修正しました。
  • R-09 でフォーマットした SD メモリー・カードや、新品の SD メモリー・カードを 「未フォーマット」 と認識してしまう場合がありました。このような SD メモリー・カードを CD-2e で再フォーマットしなくても、正常に認識できるように修正しました。
 
アップデート作業における注意点
  • アップデートする際は、必ず付属の AC アダプターをお使いください。
  • 不慮の事故を防ぐため、アップデート作業を行う前に、作成されたデータが入った SD メモリー・カードや CD-R/RW を CD-2e から抜き出しておくことをお勧めします。
  • システム・プログラムの入手ができないお客様やダウンロードがうまくできなかった場合には、アップデート作業を承ります。お求めの販売店、または ローランドお客様相談センター 修理担当窓口までご相談ください。
  • このシステム・プログラムに関するアップデートの操作手順などのお問い合わせにはお答えできません。あらかじめご了承ください。ここに書かれている情報を元に、自己責任において作業をお願いいたします。
 
ダウンロードと圧縮ファイルの解凍

 [ Windows をお使いの場合]
cd2e_v1100.exe を適当なフォルダにダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルは自己解凍型ファイルになっていますので、エクスプローラからアイコンをダブルクリックして解凍してください。解凍が終了すると、CD2EPROG.BIN というファイルの入った cd2e_v1100 フォルダが現われます。

アップデート手順
「アップデート手順」については、添付ファイルの CD2E_UPD.txt を参照してください。

ダウンロードファイル
Windows Vista / Windows XP / Windows Me / Windows 2000 / Windows 98用