STUDIO-CAPTURE

USB 2.0 Audio Interface[UA-1610]

STUDIO-CAPTURE
展示店を探す

バンドの一発録音にも対応。最大16インプットを備えたRolandオーディオ・インターフェースのフラッグシップ・モデル。

STUDIO-CAPTUREは定評のあるマイク・プリアンプ「VS-PREAMP」を12系統搭載したオーディオ・インターフェースのフラッグシップ・モデルです。最大24ビット/192kHz※、16イン/10アウトの入出力に対応。バンドの一発録りや、本格的な音楽制作システムの核として高いパフォーマンスを実現します。アコースティック・ドラムのレコーディングを始めとしたマルチ・レコーディング時に威力を発揮するAUTO-SENSや、超低レイテンシーを実現する独自技術のVS-STREAMINGも搭載。新たに視認性の高いレベル・メーターやモニター・ミックス端子、新設計のコンプレッサー・アルゴリズムを採用し、より柔軟なレコーディング環境を実現しました。2台のSTUDIO-CAPTUREを同時使用することで、32イン/18アウトという巨大なシステムを構築することもできます。

ローランド・オーディオ・インターフェースの新たなフラッグシップ。

 STUDIO-CAPTUREは、ローランドのオーディオ・インターフェースの新たなフラッグシップ・モデルです。持ち運びも容易なコンパクトな2Uボディに2系統のHi-Z端子を含む16系統のアナログ・インプットと8系統のバランス・アナログ・アウトプット、さらにはコアキシャルのデジタル入出力と豊富な入出力を搭載。アナログ入出力だけで16 IN/8 OUTを実現し、バンドの一発録りから、大規模な音楽制作環境まで幅広い用途で活用することができます。
 ローランドの持つテクノロジーを凝縮した妥協のない設計で、クラスを超えたサウンド・クオリティと機能性を実現しました。

※サンプリング周波数を192kHzにした場合、8イン(INPUT1~8)/4アウト(OUTPUT1~4)の入出力に対応します。

クリアなサウンドを実現する、12系統のVS-PREAMP。

 STUDIO-CAPTUREの持つ、16チャンネルのアナログ・インプットの内、12系統のXLR/TRSコンボ・ジャックにはOCTA-CAPTURE、QUAD-CAPTUREで高い評価を得ているVS-PREAMPを搭載。
 VS-PREAMPはこだわりのアナログ回路と自社開発のDSPによるデジタル・コントロールで一切の妥協なく音質を追求し、様々な入力に対応できるヘッドルームを持ちながら広いダイナミック・レンジを実現。クオリティの高いレコーディングを可能にします。
 各チャンネルにはロー・カット、位相反転、コンプレッサー、そしてチャンネルごとにファンタム電源の供給が可能で、自由なマイク・チョイスが行えます。
 4系統(INPUT 13~16)のTRSアナログ入力は、-20dB/-10dB/+4dBの切り替えにより、シンセサイザーなどの電子楽器はもちろん、業務用機器の接続にも対応します。
 また、コンプレッサーには、定評のあるローランドV-Mixerシリーズ譲りの高品位なアルゴリズムを新たに採用し、録音時の補正用途だけでなく積極的なサウンド・メイクにも利用できます。コンプレッサーには楽器ごとに実践的なプリセット設定を付属し、ユーザーのオリジナル・プリセットも保存することができます。

快適なセッティングをサポートするユーザー・インターフェース。

 入力レベルを瞬時に確認できるよう、本体前面に視認性の高いLEDを使ったインプット・レベル・メーターを装備。また目的のチャンネル設定をすぐに変更できるインプット・チャンネル・ボタンを搭載しました。
 また、複数のチャンネルの設定を同時に変更できるレンジ・セレクト機能を装備。例えばINPUT1とINPUT8のインプット・チャンネル・ボタン押すことで、INPUT1からINPUT8のチャンネルすべてが選択され、ファンタム電源のON/OFFやマイク・プリアンプの設定をまとめて行うことができます。

最適な録音レベルを自動設定する、AUTO-SENS機能を搭載。

 STUDIO-CAPTUREには、最大で16チャンネルのインプット・レベルを自動調整することのできるAUTO-SENS機能を装備。過大入力によるクリップを未然に防げるだけでなく、マルチ・マイクを使ったレコーディング時にもレベル合わせの作業は不要。AUTO-SENSを使うことで、生ドラムやボーカルのようにダイナミック・レンジの広いソースの録音時にも、レベルを気にすることなく瞬時にレコーディング作業に入ることができます。
 また、AUTO-SENSの検出時間やレベルの音量マージンも自由に設定が可能。ソースに応じて最適なレベル管理を行うことができます。

低レイテンシーを実現する、VS-STREAMING。

 STUDIO-CAPTUREは、自社開発のカスタム・チップとドライバを組み合わせにより、超低レイテンシーを実現するローランド独自のオーディオ・ストリーミング・テクノロジー、VS STREAMINGを採用。レコーディング・モニターで問題となるレイテンシーを最小限に抑えた快適なレコーディング作業を可能にします。
 ハードウェアに内蔵された高精度のクロックで、ハードウェア、ドライバ、DAWが同期。これにより低ノイズ、低ジッターが可能になると同時に、低レイテンシー下でも抜群の安定性を実現しました。
 STUDIO-CAPTUREのドライバは、WDM、ASIO、Core Audioに対応。Windows/Macのプラットフォームや各種DAWソフトなど、いかなる環境でもハイ・クオリティ/ハイ・パフォーマンスなレコーディング環境を構築することができます。

柔軟なルーティングを実現した、モニター・ミックスと豊富なアナログ出力。

 STUDIO-CAPTUREは、メイン出力に加えて4系統のダイレクト・モニター・ミキサーを搭載。アナログ・ミキサー感覚で使えるわかりやすいデザインのミキサーは、自社開発のカスタム・チップによる内部処理で高音質のままにゼロ・レイテンシーを実現。モニター用のリバーブも内蔵しており、フレキシブルなモニタリング環境を構築することができます。
 ダイレクト・モニター・ミキサーは本体パネルまたは専用コントロール・パネルを使用することで直感的に操作することができます。専用コントロール・パネルでは、マイク・プリアンプやAUTO-SENSの設定だけでなく、モニター・ミックスやパッチベイなどのコントロールが可能。本体を離れた場所に設置しても、パソコン上からすべての設定が行えます。
 また、STUDIO-CAPTUREに搭載された8系統のTRSバランス出力の内、1-2チャンネルにはXLRタイプのダイレクト・アウトとしても利用が可能です。ダイレクト・アウトはスイッチで簡単に切り替えが可能で、モニター・レベルを通さずにミキサーなどへ接続する際に便利です。
 10系統のアウトプットへのルーティング変更も可能で、各演奏者へのモニター・ミックスを出力したり、サラウンド・システムへの接続、各入力端子を直接ルーティングするなど用途に応じて柔軟なセッティングを行うことができます。
 さらにヘッドホン出力も2系統搭載。独立したレベル・コントロールが可能でレコーディング時に威力を発揮します。

2台の同時使用で、最大32イン/18アウトを実現。

 STUDIO-CAPTUREは、2台まで同時使用に対応。2台のSTUDIO-CAPTUREをコアキシャル・デジタルで接続することで、最大32イン/18アウトというレコーディング・スタジオに匹敵する、巨大なレコーディング環境を構築することができます。
 ASIO/Core Audio対応のDAWソフトからは2台で1つのオーディオ・デバイスとして認識され、クロックなどを気にする必要もありません。

主な仕様
オーディオ録音再生チャンネル数
サンプリング周波数:192kHz、96kHz、48kHz、44.1kHz
録音=16チャンネル
再生=10チャンネル
信号処理
PCインターフェース=24ビット
AD/DAコンバーター=24ビット
サンプリング周波数
AD/DAコンバーター=192kHz、96kHz、48kHz、44.1kHz
DIGITAL(IN/OUT)=96kHz、48kHz、44.1kHz
規定入力レベル(可変)
INPUT 1~12端子(XLRタイプ)=-60~-2dBu
INPUT 1~12端子(TRS標準タイプ)=-54~+4dBu
INPUT 13~16端子(TRS標準タイプ)=-20、-10、4dBu
規定出力レベル
OUTPUT 1~8端子=+4dBu(バランス)
ヘッドルーム
18dB
入力インピーダンス
INPUT 1~12端子(XLRタイプ)=8.2kΩ以上(バランス)
INPUT 1~12端子(TRS標準タイプ)=18kΩ以上(バランス)
INPUT 13~16端子(TRS標準タイプ)=38kΩ以上(バランス)
出力インピーダンス
OUTPUT 1~2端子(XLRタイプ)=600Ω(バランス)
OUTPUT 1~8端子(TRS標準タイプ)=2kΩ(バランス)
PHONES=47Ω
周波数特性
192.0kHz=20Hz~60kHz(+0/-2dB)20Hz~90kHz(+0/-8dB)
96.0kHz=20Hz~40kHz(+0/-2dB)
48.0kHz=20Hz~22kHz(+0/-2dB)
44.1kHz=20Hz~20kHz(+0/-2dB)
残留ノイズ・レベル
INPUT 1~2→OUTPUT 1~2=-90dBu typ.(SENS=最小、入力600Ω終端、INPUT MONITOR=OFF、IHF-A) 
※入力チャンネル・フェーダー=ユニティー
ダイナミック・レンジ
AD部INPUT 1~2=105dB typ.(SENS=最小)
DA部OUTPUT 1~2=114dB typ.
ディスプレイ
グラフィックLCD 128×64ドット
接続端子
INPUT 1~12端子 *1(XLRタイプ(バランス、ファンタム電源 *2:DC +48V(無負荷時最大)、10mA(最大負荷)))
INPUT 1~16端子(TRS標準タイプ(バランス))
PHONES端子(ステレオ標準タイプ)
OUTPUT 1~8端子(TRS標準タイプ(バランス))
COAXIAL IN端子(RCAピン・タイプ(IEC60958に準拠))
COAXIAL OUT端子(RCAピン・タイプ(IEC60958に準拠))
MIDI(IN、OUT)端子
USB端子(USB Bタイプ)
DC IN端子
*1 INPUT1~2端子はハイ・インピーダンスに対応
*2 XLRタイプの全入力端子に装備。電流値は1チャンネルあたり。全体で50mA以下であること。
インターフェース
Hi-Speed USB
電源
ACアダプター
消費電流
1600mA
付属品
取扱説明書
Block Diagramチラシ
ACアダプター
STUDIO-CAPTURE Driver CD-ROM
ラック・マウント・アングル×2
USBケーブル
使用許諾契約書
保証書
ローランド ユーザー登録カード
Windows 動作条件
対応OS
Microsoft® Windows® 8、Microsoft® Windows® 7 SP1以上、Microsoft® Windows Vista® SP2以上、Microsoft® Windows® XP Home/ XP Professional SP3以上
※すべて日本語版
対応パソコン
USB 2.0ポートを標準で装備しているWindows®対応パソコン
CPU/クロック
Intel® Core™2プロセッサー/2GHz以上
メモリー
2.0GB以上
画面解像度
1,280×768ドット以上
必要なハードウェア
DVD-ROMドライブ(インストールに必要)
 
※Windows® XP Media Center Edition/XP Professional x64には対応しておりません。
※AMD社のM780GチップセットおよびAMD社のM780Vチップセットを搭載したパソコンでは、音切れが発生するなど正常にお使いいただけない場合があることが確認されております。
Mac動作条件
対応OS
Mac OS X v10.6.8以上 ※すべて日本語版
対応パソコン
USB 2.0ポートを標準で装備している Apple Macシリーズ
CPU/クロック
Intel® Core™2
メモリー
2.0GB以上
画面解像度
1,280×768ドット以上
必要なハードウェア
DVD-ROMドライブ(インストールに必要)
 
※Windowsが動作しているMacはサポート対象外となります。
※パフォーマンスを必要とするアプリケーションでお使いになる場合、そのアプリケーションが、お使いのMacに搭載されているCPUに対応している必要があります。
外形寸法 / 質量
幅 (W)
284 mm
奥行き (D)
162 mm
高さ (H)
89 mm
質量
1.9 kg
※192kHz以上でお使いになる場合は、Intel® Core2™プロセッサー/2GHz以上、7,200rpm以上の内蔵HDDまたは内蔵SSDが必要です。 
※2台のSTUDIO-CAPTUREをお使いになる場合のご注意
 ・IntelR Core?2プロセッサ/2.4GHz以上、7,200rpm以上の内蔵HDDまたは内蔵SSDが必要です。
 ・オーディオ録音先のドライブには、OSがインストールされているドライブの他に別途内蔵SSDが必要です。 (USBハードディスク、USB SSDはお使いいただけません) 
※USB3.0ポートに接続して正常に動作しない場合は、USB2.0ポートに接続する必要があります。
※USB2.0と互換性のないUSB3.0ポートではお使いいただけません。 
※USB3.0ポートに接続した場合でも、製品本体のパフォーマンスが変わるものではありません。 
※お使いのアプリケーションによっては、上記以上の動作条件が必要になる場合があります。 
※本製品は本動作条件を満たす標準的なパソコンで動作を確認しておりますが、この条件下での動作すべてを保証するものではありません。同一条件下でも、パソコン固有の設計仕様や使用環境の違いにより処理能力が異なることをご了承願います。
ASIO is a trademark and software of Steinberg Media Technologies GmbH.
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

カタログ

アップデーター&ドライバー

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書

お知らせ