BC TC-NY

Blues Cube New York Blues Tone Capsule

BC TC-NY

Blues Cube のダイナミックな一面を新たに引き出す専用ユニット

New York Blues Tone Capsule は、NY在住のギタリスト Oz Noy 監修により開発された、Blues Cubeシリーズから新たな表現力を引き出す専用ユニットです。オリジナル Blues Cube のアメリカン・ツイードのフィーリングは残しつつ、Class-Aサウンドと呼ばれる EL84 真空管を搭載したブリティッシュ・コンボ・アンプのキャラクターを Blues Cube に加えることができます。Cleanチャンネルは、小音量では “チャイミー”と表現される特有の鈴鳴りが得られ、ボリュームを上げるに従って甘くクリーミーなドライブが加わっていきます。さらに Crunch チャンネルではロックのバッキングやリード・ソロに最適な、より太く分厚いミッドレンジが得られます。New York Blues Tone Capsule は、多様な文化が融合した New York の音楽シーンのように、ダイナミックで多彩な表現力を引き出してくれます。

「チューブ・アンプが人気なのはこのコンプレッション感が求められているからだ。音の表現力につながる重要な要素だ。こいつはそれを完璧に備えている。」- Oz Noy

<対象機種>
Blues Cube Artist, Blues Cube Artist212, Blues Cube Stage , Blues Cube Tour

Oz Noy の監修によるインパクトある音色

Oz Noy の持つジャズ、ロック、ブルースが融合した多彩な音楽性は、まるで多種多様な文化が溶け合う NY の音楽シーンを象徴しているかのようです。Oz は Blues Cube Artist/Stage の開発段階から関わっていたアーティストの一人で、彼の的確な提案や意見はクランチ・サウンドの音作りに大きく反映されました。また、Blues Cube Tour と Cabinet 410 も発表前に弾いており、全体的な音色はもちろん、ループ端子の音質や、軽量で可搬性の高い設計を高く評価しています。

Roland は、New York Blues Tone Capsule の開発にあたり、ステージで最高の表現力を発揮するような音色と弾き心地を実現したいと考え、Ozともう一度コンタクトを取りプロジェクトをスタートさせました。New York の著名なスタジオである Germano Studio で彼のトレードマークであるストラトを弾きながら、Oz と Roland のエンジニアは、ひとつひとつの音を丹念にチューニングしていきました。そして、最終テストとして彼がレギュラーで出演している Greenwich Village で Tone Capsule を装着した Blues Cube Tour をプレイしました。彼は結果に大満足して New York Blues Tone Capsule は完成に至りました。

「弾き心地はまさにチューブ・アンプだね。」Oz は語ります。「楽器に反応するコンプレッション感、その具合が本当に素晴らしい。冷たい弾き心地ではなく楽器に本当に良く反応してくれる。ギター・アンプにとって何よりも重要なことだ。レスポンスが悪いと演奏することさえ難しい。音色以前にまずこのレスポンスが重要なんだ。アンプとギターの間にある空気みたいなものだ。チューブ・アンプが人気なのはこのコンプレッション感が求められているからだ。こいつはそれを完璧に備えている。」

さらに彼はアンプと Tone Capsule がエフェクト・ペダルと組み合わさった時の反応についても高く評価しています。「エフェクターとの相性も重視するポイントだ。私はアンプだけでなくエフェクターを使ってリード音色を作る。だからアンプの音がすぐにつぶれるのも逆に冷たい感じがするのも良くない。入力ゲインが高い時でも、音の大きさとクリーンさを両立できることがポイントなんだ。その点でもこいつは素晴らしい。」

New York Blues Tone Capsule は EL84 管を搭載したブリティッシュ・コンボの特長、鈴鳴りするクリーン、クリーミーなパワー管の歪み、そしてバンド・サウンドの中で際立つ特有の抜けの良さを全て備えています。ゲインとトーンの調整幅は広く、オリジナル Blues Cube のアメリカン・ツイード風の中域やオーバードライブのエッセンスも感じさせる多彩なサウンド・メイキングが可能です。

New York Blues Tone Capsule は Blues Cube Artist、Blues Cube Artist212、Blues Cube Stage、Blues Cube Tourで使用可能です。Oz は Tour と Cabinet 410 のマッチングを非常に気に入っています。「このキャビネットの鳴り方が好きなんだ。私が気に入っている4×10インチ・スピーカー構成の古いビンテージ・アンプのように、鳴りが深くて大きい感じがする。」

Tone Capsule で Blues Cube のサウンドをカスタマイズ

Blues Cube は Roland 独自の Tube Logic 設計により、ビンテージ・チューブ・アンプに特有の音色と弾き心地を備えています。さらに、Tone Capsule を装着するとアンプのキャラクターをカスタマイズすることが可能です。世界のトップ・ギタリストとのダイレクト・コラボレーションから生まれる Tone Capsule のラインナップは、あなたの Blues Cube から、オリジナルとは異なった名手達の音色とフィーリングを引き出します。

主な仕様
付属品
取扱説明書
保証書
ローランド ユーザー登録カード
保護カバー
対応機種
Blues Cube Artist
Blues Cube Artist 212
Blues Cube Stage
Blues Cube Tour
外形寸法 / 質量
幅 (W)
29 mm
奥行き (D)
29 mm
高さ (H)
50 mm
質量
15 g
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書