The Tube Logic Story

ローランドの画期的なアンプ設計の真相

Blues Cube

エレクトリック・ギターはアンプと一体となって初めてそのサウンドが生み出されます。どんなに素晴らしいヴィンテージ・ギターを持っていても、良いアンプがなければその良さは発揮されません。

エレクトリック・ギターにとってのギター・アンプは、言わばアコースティック・ギターのボディにあたる部分でしょう。ボディ形状はもちろん、使用する木材、その組合せやブレイシングの入り方など様々な要素により、サウンドが構築されていきます。

エレクトリック・ギターにおいても、ほんの少しの回路や設計の違いが影響して生まれる繊細なサウンドがギタリストを魅了し、自分のお気に入りのギターとアンプの組み合わせを探求させ続けています。

私たちはこの、ほんの少しの違いに目と耳を凝らし、楽器としてのギター・アンプの完成度を徹底的に追求してきました。

チューブ・サウンドの魅力

多くのギタリストが魅了され、その理想を追求し続けているビンテージ・チューブ・サウンド。世界中のアンプ・ビルダーもまた、この魅力を最大限に引き出そうと飽くなき探求を続けています。多くのビルダーが、アンプの基礎と言われているツイード・チューブ・アンプの回路と特性を徹底的に研究し、理想のチューブ・サウンドを掲げています。あのクランク・アップした時の独特な音の表情はどうして出てくるのか。

Vintage Tubes

私たちも、この魅力の原点でもあるツイード・チューブ・サウンドに最大限の敬意を払い研究を行ってきました。あの理想のサウンドは回路やチューブの組み合わせだけでつくられている訳ではありません。電源、回路、真空管の、キャビネットやスピーカーのトータルな動き・状態・相関性など非常に複雑な要因が楽器としての魅力を引き出しているのです。

Tube Logicという概念

Vintage Tube Amplifiers

開発は、非常にベーシックな真空管回路と同じ構成でスタートしました。つまり、プリ管には12AY7、続いて12AX7が2段。パッシブ型のトーン・スタック、ロングテール・ペア型フェイズ・インバーター、プッシュプル構成の6L6GCパワー管、アウトプット・トランスというパーツで構成される非常に基本的な回路です。更に、電源はGZ34整流管で動作し、パワー真空管は固定バイアスで動作している状態からスタートしました。

固定バイアス回路では、B+電源、C-電源といった、真空管が動作するポントを決める非常に重要な電源があります。それらは、それぞれパワー真空管のゲインや、サチュレーション・カーブ等と密接に関係しており、真空管の種類だけでなく、その電源設定がアンプの音の個性になります。

Early prototype of Blues Cube

Blues Cube開発初期のプロトタイプ

パワー管に供給する電源が、あるセッティングになったとき、ミュージシャンの求めている心地よいサウンドが得られます。真空管特有のバイト感と、コンプレッション感が心地よく響くポイントで生まれる音、つまりアタックとサスティーンを両立した音です。我々は、セッティングを変えて、よりバイト感を強くしたり、コンプレッション感を強くしたりと、調整を繰り返しました。

Testing and tuning of Blues Cube speakers

Blues Cubeスピーカー検証・調整作業の風景

音の温かみや抜けの良さ、ピッキングに対するレスポンスや自然なコンプレッション感、ボリュームを上げた時の独特な艶と音圧感など、チューブ・アンプならではの特徴は多々あります。モデリングとは異なり、そのひとつひとつのパーツの精密な動作、さらにそれぞれが相互に作用し合って起きる複雑な振る舞いを徹底的に分析し、アンプ全体をトータルに設計したのが新しいTube Logicです。

極上のクランク・アップ・サウンド

Blues Cube Power Control

ギタリストが最も好む音色の一つであるクランチ・サウンドを得るには、それなりに音量を上げなければならいので、いつでもどこでもそのサウンドが出せるわけではありません。一般的にこのサウンドを小さいボリュームでも可能にする為に、電力を落とすアッテネーターを使用する事があります。

しかし、アッテネーターを使用してしまうとフルパワーでパワーアンプをドライブすることができません。そのため、サウンドは思った通りにはならないのです。

Blues Cubeは、プレーヤーがシチュエーションに左右されることなくクランク・アップのサウンドを得る事ができるパワーコントロールという機能を持っています。出力ワット数が変わっても、Tube Logicとパワーアンプをフルパワーで動作させる事ができるのです。

Blues Cube Tube Logic Logo

Blues Cubeは世界中のトップ・プロ・ギタリストとの数々のロードテストを行っていくことで、極限まで磨き上げられました。技術的な研究だけでなく彼らとの対話から、その生々しい楽器へと深化していったのです。

ピッキングした時のバイト感、タッチやボリュームによる歪みのコントロール、クランク・アップ時の独特の艶、電源の「サグ」など、ギタリストが愛してやまないチューンナップされたビンテージ・チューブ・アンプの個性がBlues Cubeの至る所に宿っています。

Blues Cube Lineup