Aerophone
AE-10Digital Wind Instrument

展示店を探す    

管楽器の新しい世界を広げるデジタル楽器、エアロフォン

ジャズ、クラシック、ポップスまで幅広く演奏されるサックスをベースに、最新のテクノロジーを駆使して生み出されたAerophone AE-10。管楽器で好きな曲をかっこよく吹きたい方のための新しい電子楽器です。運指はアコースティック・サックスに準拠。リコーダー感覚で気軽に演奏できます。リード構造をともなう専用マウスピースで、多彩なサウンドをブレスでコントロール。ソプラノからバリトンまでの4種類のサックスはもちろん、フルート、トランペット、バイオリン等の管弦楽器から、パワフルなシンセ・リードまで、音楽表現を拡げる厳選された音色を搭載しています。音量調節のできるモニター・スピーカーやヘッドホン端子を備え、電池駆動でも使用が可能。時間や場所に制限されることなく、いつでも演奏が楽しめます。気軽に管楽器を楽しみたい方のための新しいデジタル楽器です。

Standard Features View the Gallery

ソプラノ、アルト、テナー、バリトン。4本のサックスを1台で。

音域、調性の異なる4本のサックスの演奏を、持ち替えすることなく、1台で可能にします。サックスの音色には、ローランド独自のスーパーナチュラル音色を搭載し、ブレス・コントロールで表現。ソプラノ、アルト、テナー、バリトンと4種類のサックスをユニゾンで重ねた「サックス・セクション」、複数の管楽器を同時に鳴らしてビッグ・バンドを一人で演奏できる「ブラス・セクション」などの音色も搭載し、エアロフォン一台で管楽器の可能性を広げます。

表現力豊かな、厳選された楽器音

アコースティック楽器の音色には、クラリネット、フルート、トランペット、バイオリンなど、楽器特有の振る舞いを再現したスーパーナチュラル音色を搭載。息の吹き込み具合で楽器音を操り、表現します。尺八、二胡などの民族楽器も、独特なリアルなニュアンスを再現。修練が必要な楽器音も、気軽に演奏を楽しめます。ローランドならではのシンセサイザー音色も充実。ブレス・コントロールで操作する楽器だからこそ活きる、厳選されたリード系の音色を中心に搭載しています。

管楽器プレイヤーが演奏しやすいインターフェース

エアロフォンは、まったく新しいタイプのデジタル楽器ですが、アコースティック・サックスと同じ運指で演奏ができます。サックスのキー配列に準じたボタン配置で、左手のオクターブ・キーも装備。リコーダー感覚でも気軽に演奏を楽しめます。リード構造をともなったマウスピースは、内部に高感度バイト・センサーを装備し、マウスピースを噛む力でビブラートやピッチの調整も可能。さまざまなサウンドをブレス・コントロールで表現することができます。

いつでもどこでも演奏が楽しめます。

エアロフォンは、いつでもどこでも演奏を楽しむことができます。プライベートな演奏時には、ヘッドホンでの消音演奏に加えて、音量調節可能な内蔵スピーカーをモニターとして使用。軽量でバッテリー駆動(単三電池x 6個)もできるので、演奏場所を選びません。バンド演奏やステージでのパフォーマンスでは、アウトプット端子からライン出力し、よりリアルで迫力ある演奏を可能にします。小編成のブラス・アンサンブルでは、CUBE Street EXなどのバッテリー駆動のアンプと組み合わせてチューバやバスーンなどの音色を奏でれば、大型楽器を取り入れた厚みのあるアンサンブルを実現します。

スマートフォンのお気に入りの曲を聴きながら一人でアンサンブル演奏

外部オーディオ機器との接続に便利なインプット・ミニ端子を装備し、iPhone/スマートフォンなど、デジタル・デバイスの音楽再生も可能。ヘッドホン使用時にも、自分のスマートフォンのお気に入りの音楽ライブラリーを再生しながらエアロフォンを演奏できるので、音漏れを気にせずに、一人でもアンサンブル演奏が楽しめます。

ブレス・コントローラーの表現力を音楽制作で

USBコンピューター端子も装備。外部シンセサイザーのサウンドでの演奏や、コンピューターと接続して音楽制作に活用できます。ブレス・コントロールをフルに活かした演奏データは、鍵盤の入力ではなく、息遣いで操る管楽器だからこそできる表現。シンセサイザーの新しい可能性を広げ、ジャンルを超えた音楽表現を実現します。

Iconic experience Aerophone AE-10

Continue your journey

サックスの運指に準拠したまったく新しいデジタル楽器

エアロフォンは、まったく新しいタイプのデジタル楽器。サックス、管楽器、デジタル楽器の楽しみを1台に凝縮しています。運指はアコースティック・サックスに準拠。リコーダー感覚で気軽に演奏が可能です。リード構造を伴う専用マウスピースで、サックスをはじめとした多彩なサウンドをブレス・コントロールで表現できます。マルチ楽器奏者でありDJでもあるアメリカ出身の若手アーティストMasego が、エアロフォンのアルト・サックスサウンドの試奏シーンです。

厳選されたアコースティック楽器とシンセリード・サウンド

エアロフォン には、様々なアコースティック楽器のサウンドから尺八、二胡等の民族楽器、さらには、ローランドならではのシンセサイザーサウンドが搭載されています。ブレス・コントロールでコントロールする楽器だからこそ活きる、厳選されたサウンドの数々を、マルチ楽器奏者、DJでもあるアメリカ出身若手アーティストMasegoが、自分のオリジナルトラックに合わせて試奏します。

エアロフォンとアコースティック管楽器のアンサンブル

エアロフォンは、さまざま な音楽ジャンルに対応する表現力と音色バリエーションを備えています。もちろん、アコースティック管楽器とのアンサンブルにも使用できます。この動画では、英国出身のサックス奏者、アリステア・パーネル (Alistair Parnell) が、Equinox Saxophone Ensembleの伴奏に合わせてリードパートをエアロフォンの内蔵音色と外部音源をレイヤーしたサウンドで演奏します。演奏曲は、ナイジェル・ウッド (Nigel Wood) 作曲の“Partial Eclipse”です。この曲は、ソロのウインド・シンセと管楽器のアンサンブルのために 作曲されました。(www.saxtetpublications.com).

いつでもどこでも演奏が楽しめます

エアロフォンは、いつでもどこでも演奏を楽しむことができます。プライベートな演奏時には、ヘッドホンでの消音演奏に加えて、音量調節可能な内蔵スピーカーをモニターとして使用。軽量でバッテリー駆動(単三電池x 6個)もできるので、演奏場所を選びません。日本の女性サックス・トリオ、sax triplets が野外でエアロフォンの演奏を楽しんでいるシーンを収録しました。

エアロフォンとDAWを組み合わせたソロ・パフォーマンス

エアロフォンは、USBコンピューター端子を装備。外部シンセサイザーと内蔵音源を重ねた演奏や 、コンピューターと接続してブレス・コントロールを活かした演奏表現を音楽制作に活用できます。この動画では、スペイン出身のサックスプレーヤー、ジルベルト・フォーチュニー (Llibert Fortuny) が、エアロフォンの内蔵音色をソフト音源と一緒に鳴らしたり、DAWソフト Ableton Liveで再生するバッキングループに合わせたりするパフォーマンスを 披露します。

主な仕様
キー配列
サクソフォン互換キー配列
音源
SuperNATURALアコースティック、PCMシンセ
プリセット・メモリー
トーン:40
ユーザー・メモリー
トーン:100
エフェクト
マルチ・エフェクト
コーラス
リバーブ
コントローラー
ブレス・センサー
バイト・センサー
演奏キー
オクターブ・キー
サム・コントローラー
トーン・ボタン
ディスプレイ
カスタムLCD
接続端子
INPUT端子(ステレオ・ミニ・タイプ)
PHONES/OUTPUT端子(ステレオ標準タイプ)
USB COMPUTER端子(USB MIDI対応)
DC IN端子
内蔵スピーカー
2.8cm×2
1.5W×2
電源
ACアダプター(DC5.7V)
充電式ニッケル水素電池単3形(別売)×6
消費電流
418mA
連続使用時の電池の寿命(使用状態によって異なります)
充電式ニッケル水素電池:約7時間(容量1,900mAh使用時)
※ マンガン乾電池、アルカリ乾電池は使用不可
付属品
取扱説明書
「安全上のご注意」チラシ
保証書
ローランド ユーザー登録カード
ACアダプター
マウスピース・キャップ
ネック・ストラップ
専用ハンド・キャリー・バッグ
別売品
交換用マウスピース
外形寸法/質量
幅 (W)
128 mm
奥行き (D)
93 mm
高さ (H)
574 mm
質量
855 g (電池含む)
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。
Aerophone AE-10 クイック・スタート

Aerophone AE-10 クイック・スタート基本操作をステップ・バイ・ステップで

このクイック・スタート・ビデオでは、基本操作をステップ・バイ・ステップでご紹介します。主な機能の使い方をこのビデオでマスターしましょう。Read more…

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書