管楽器の新しい楽しみ方を広げる
エアロフォン

エアロフォンって何?

手にしてすぐに楽しめる、“デジタル”管楽器

ボタンを押さえて、マウスピースに息を吹き込むだけで音が鳴るから、誰もが簡単に、すぐに楽しむことができます。また、表現力の高いブレス・センサーを搭載し、息の吹き込み具合の強弱で音に抑揚をつけることも可能。リコーダー感覚で憧れの管楽器を気軽に楽しめる。それがエアロフォンです。


多彩な音色を1台で表現

サックス音色、木管・金管楽器、弦楽器、シンセサイザーなど様々な音色を1台で奏でられるエアロフォン。

好きな音色はありますか?
原曲に近い音色でメロディーを奏でる楽しさはもちろん、音色を変えれば、同じ曲でも新しい発見があるはずです。


いつでもどこでも演奏できる

練習場所にお困りですか?より良い演奏を楽しむ上で課題となる練習環境。でも、エアロフォンにはヘッドホンが接続できます。だからご近所さんだけでなく隣で寝ているご家族にも、音を気にせず、いつでも演奏に集中できます。さらに電池駆動もできるため、電源ケーブルやコンセントの場所に縛られることなく、どこでも演奏できます。


一人でも、みんなと一緒でも楽しめる

自分だけの空間に没頭して、好きな曲をひたすら練習したり、思いついたメロディを奏でたりするも良し。仲間と一緒にバンドの中でスポット・ライトを浴びるも良し。エアロフォンは目的に合わせた楽しみに答えてくれる楽器です。


アプリを使って練習を楽しく

譜面が読めなくても大丈夫。専用アプリに搭載しているレッスン機能(※1)の11の練習曲には音名と運指も表示されるため、簡単に曲をマスターすることができます。間違えた箇所はアプリ上に表示され、正しく演奏した箇所が多ければ、点数に応じてメダルが進呈されます。全曲のメダルを獲得し、基本奏法を習得した後は、スマートフォンやタブレットに保存している憧れの曲にチャレンジしてみましょう。

※1.練習機能はAerophone GO PlusAerophone mini Plusに搭載されています。 ※2.画面はAerophone mini Plusのものです。


すでにエアロフォンを始めた人の体験談をみるオーナーとエアロフォンの関係を探る、ユーザー参加型の特別企画

エアロフォンを用いて精力的に音楽活動を展開されている、フランス在住の日本人サックス・プレイヤーの辻本純佳さん

詳しくはこちら

シンセシストとして、2本のエアロフォンをはじめ、たくさんのシンセサイザーを駆使しアーティスティックな音楽活動を展開されている、BANANAsuさん

詳しくはこちら

アコースティックのサックスはもちろん、数々のウィンド・シンセサイザーを巧みに使い、数々の有名アーティストと共演/サポート/レコーディングされているプロ・サックス・プレイヤーの藤本匡光さん

詳しくはこちら

浜松市楽器博物館に勤務され世界中の楽器展示を通して、音楽の文化を発信しながら、フルート演奏家としても幅広く音楽活動をされている小池真梨さん

詳しくはこちら

お勤め先を定年退職されてからSAXを初め、今ではSNSにプレイ動画をアップするほどSAX/エアロフォンと寄り添った生活を送っていらっしゃる、鳩本喜代人さん

詳しくはこちら

あなたにぴったりのエアロフォンは?

より手軽に楽器を楽しむエントリー・モデル
Aerophone mini 登場!

操作を極限までシンプルにする一方で、カラオケ感覚で練習できるレッスン機能なども用意されたAerophone mini。
発売当初からエアロフォンを愛用するサックス・プレイヤー米澤美玖さんが最速チェック!

プロ・サックス・プレイヤーによる、エアロフォン・シリーズのレビュー記事を参考に、あなたにぴったりのエアロフォンを選んでください。

Aerophone × 米澤美玖

気軽に楽しむ
Aerophone mini (AE-01)

リコーダーをベースにした馴染みのあるボタン配置と本体内蔵の6音色で、最も気軽に演奏できるエアロフォン。スマートフォンやタブレットで使える無料の専用アプリAerophone mini Plusでアプリ内の50以上の音色で演奏可能。さらにレッスン機能で楽しく練習できます。

製品ページへ 9月21日発売予定

楽しさの追究
Aerophone GO (AE-05)

本体には厳選された11音色を搭載。Sax準拠のボタン配置にコンパクトなボディ。スマートフォンやタブレットで使える無料の専用アプリとして、練習を楽しくするAerophone GO Plusと、最大7台でアンサンブルを楽しむことができるAerophone GO Ensembleの2つをご用意。

製品ページへ お店を探す

音へのこだわり
Aerophone (AE-10)

Sax準拠のボタン配置で、本体内蔵128音色。Rolandの高品位音源「スーパーナチュラル音色」を多数搭載。楽器特有の演奏表現をブレスで再現できます。専用アプリのエアロフォン・エディターを使えば、自分だけの音作りも可能。Aerophoneのフラッグシップモデルです。

製品ページへ お店を探す

まずは自宅でレンタルしてみる

続けられるか不安な人は、まずはレンタルで初めてみるのはいかがでしょうか?
試した楽器はそのまま購入いただくことも可能です!

詳しくはこちら

教室でレッスンを受けてみる

全国の教室ではプロのサックス講師によるレッスンが受けられるので、独学で続けるのには不安がある人も安心して始められます。
練習を後押ししてくれる人や、一緒に取り組む仲間の存在が、より充実したエアロフォンライフへと導きます。

詳しくはこちら

主な機能比較表

AE-01 AE-05 AE-10
音色数 本体:6音色
アプリ:50音色以上
Aerophone mini Plus内)
本体:11音色
アプリ:50音色
Aerophone GO Plus内)
本体128音色
音源 PCMシンセ PCMシンセ SuperNATURALアコースティック、PCMシンセ
キー配列 リコーダー・タイプ サックス・タイプ サックス・タイプ
コントローラー ブレス・センサー、演奏キー、オクターブ・キー(上下各1 つ)、ファンクション・ボタン ブレス・センサー、バイト・センサー、演奏キー(ハイF♯キー付き)、オクターブ・キー(上下各1つ)、サム・ボタン(on/off)、トーン・ノブ、トランスポー ズ・ノブ、ボリューム・ノブ ブレス・センサー、バイト・センサー、演奏キー(ハイF♯キーなし)、オクターブ・キー(上下各2つ)、サム・コントローラー(上下左右4方向)、トーン・ボタン
カスタムLCD × ×
Bluetooth機能 ×
専用アプリ Aerophone mini Plus Aerophone GO PlusAerophone GO Ensemble Aerophone Editor
内蔵スピーカー 2.8cm × 1 1.5W × 1 2.8cm × 1 1.5W × 1 2.8cm × 2 1.5W × 2
外形寸法 43 mm(幅)× 76 mm(奥行)× 444 mm(高さ) 128 mm(幅)× 78 mm(奥行)× 454 mm(高さ) 128 mm(幅)× 93 mm(奥行)× 574 mm(高さ)
重量(電池含む) 500 g 695 g 855 g