Aerophone Editor

iOS/Android App

Aerophone Editor
iOS Android

エアロフォンAE-10を自分好みに、徹底カスタマイズ。

エアロフォン・エディターは、AE-10 エアロフォンのポテンシャルをフルに引き出す音作りや演奏設定のカスタマイズを可能にするアプリです。トーン・リストをさまざまな演奏シーンに合わせてカスタマイズすること、本体上ではできない複雑な音作りが可能です。たとえば、4つのサウンドをレイヤーして、一つのトーンとしてプログラムしたり、演奏スタイルに合わせてブレス・コントロールなどのコントロール・パラメーターのアサインや内蔵エフェクトを細かく設定したりすることができます。アプリは、iOSとAndroidに対応。エアロフォン・エディターは、エアロフォンを自分好みにカスタマイズして使いこなしたい人にとっての必携のアプリです。

最大4音色をレイヤーさせてオリジナル・トーン作り

エアロフォン・エディターを使うとレイヤー機能を使った音作りが可能になります。最大4つのサウンドをレイヤーして演奏することができます。アコースティック・サックスのサウンドに、いくつかのシンセ・リード・サウンドを重ねるなど、曲や演奏スタイルに合わせてさまざまな音色の組み合わせが楽しめます。アドバンス機能を使うと、さらに細かい音作りが可能になります。たとえば、レイヤーするサウンドそれぞれの、キー・レンジ、パンニング、ピッチなども設定可能になり、さらに演奏表現が広がります。

演奏シーンに合わせた音色セット作り

ライブラリー機能を使うと、ライブでの演奏曲や演奏スタイルに合わせて音を並び替えたセットを作ることも簡単です。トーン・リストは、ファイルで保存することができますから、ライブ用、練習用など、複数のトーン・リストを保存して、演奏シーンに合わせて使い分けることが可能になります。ファイルは、iCloud (iOS)とGoogle Drive (Android)に保存しておけますので、他のプレーヤーとトーン・リストを共有することもできます。

自分の演奏スタイルに応えるエアロフォンを

アドバンス機能を使うと本体だけではできない、ブレス・コントロールやバイト・コントロール、サム・コントロールのコントロール・アサインが細かく設定可能になります。まさに、自分の演奏表現により忠実に応える自分だけのエアロフォンを作り上げることができます。リバーブ、コーラス、MFXなどの内蔵エフェクトも豊富なパラメータで、自分の演奏を最大限に引き立てるサウンド作りができます。また、エアロフォンで外部音源を演奏する際の、各コントローラーへのコントロール情報のカスタマイズも可能。まさに、エアロフォンを使いこなすための機能が満載です。

iOS端末接続
iOS 9.2以降に対応。AE-10エアロフォン本体とはUSBで接続。USB接続には、それぞれの端末に対応したAppleカメラアダプタが必要。AE-10側にはUSB Type B端子、iOS端末側には、カメラアダプタ端子に対応したUSBケーブルが必要。

Android端末接続
USBホスト機能 (OTG)を備えた、Android 4.3以降に対応。AE-10エアロフォン本体とはUSBで接続。USB接続には、AE-10側にはUSB Type B端子、Android端末との接続には、それぞれの端末に対応したコネクターを装備したケーブルが必要。ただし、すべてのAndroid端末について、動作を保証するものではありません。

Aerophone Editorクイック・スタート

Aerophone Editorクイック・スタート基本操作をステップ・バイ・ステップで

このクイック・スタート・ビデオでは、基本操作をステップ・バイ・ステップでご紹介します。主な機能の使い方をこのビデオでマスターしましょう。Read more…

Downloads

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

お知らせ