Roland Digital Piano Design Awards: Grand Prize

Facet Grand Piano

Note

このページの記述は、すべてフィクションです。このピアノのデザインから想定される仮想の機能、仕様です。この製品は、実在しませんし、製品化の予定もありません。

コンサートグランドピアノの未来を
提示する革新的なフォルム

デジタルピアノのエキスパートであるローランドが、最新デジタル技術を駆使して、理想のコンサートグランドピアノの形を徹底的に追求しました。その結果、専用のサウンドシステムを納めたベースユニットの上に、ピアノ本体が浮遊させるという革新的でユニークなフォルムが実現しました。最先端の音源、鍵盤、サウンドシステムを、最適な形で納めるユニークなデザイン。すべては、最高のピアノ演奏体験、リスニング体験を実現する為のフォルムです。Facet Grand Pianoは、あらゆるコンサート会場で、圧倒的な存在感を示します。

スピーカーの存在を感じさせないナチュラル
でスペーシャルなサウンド

ペースユニット部分に、サウンドシステムを納めたのは、どんなコンサート会場においても、演奏者、聴衆それぞれに、最高のピアノ体験を提供するためです。計算しつくされたスピーカー・レイアウトは、最新のアコースティック・プロジェクション技術により、スピーカーの存在をまったく感じさせないナチュラルでスペーシャスな音場を実現します。演奏者には、ダイレクトでパワフルな創造力をインスパイヤーさせるようなサウンドを提供。台座から放射される音は、本体の外周フレームくぐり抜けて天板に反射して、聴衆に届けられます。聴衆位置に関わらず、あらゆるリスニングポジションで豊かで煌びやかな、理想のピアノサウンドを体験することが可能です。

理想のタッチと表現力

もちろん、搭載されるピアノサウンド、鍵盤タッチは、最高のコンサートグランドピアノの名に恥じないローランドの最新テクノロジーの粋がつぎこまれています。V-Pianoをベースにしたサウンドも大幅に進化しました。クラシックなビンテージサウンドから、未来志向のオールシルバーサウンドまで、厳選された過去と未来のピアノサウンドが内蔵されています。本格的なクラシックからジャズに至るまで、ジャンルを問わず様々なスタイルの演奏にフレキシブルに対応する表現力を備えています。

バーチャル・コンサートチューナーによる
理想の音作り

演奏者一人一人にあわせた音作りも、コンサートグランドピアノの重要な要素です。大きな魅力の一つです。このピアノでは、V-Pianoテクノロジーをさらに進化させ、世界のトップクラスのコンサートチューナーの調整アルゴリズムが内蔵されています。演奏者は、好みのコンサートチューナーを指定して、自分の好みをインプットすることで、自動的に最適なチューニングが行われ、自分が欲しいピアノサウンドを瞬時に実現することが可能です。すべてのオペーレションは、鍵盤上の大型のタッチスクリーンで直感的に行うことが可能です。

Roland Digital Piano Design Awards
  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
 

winner’s Interview
Designer : Jong Chan Kim

デザインのインスピレーションは、どこから得ていますか?

その時々で違います。ただ、多くのインスピレーションを他のデザイナーの作品から得ています。他のデザイナーがデザインした製品を見る時、いつもそのデザインの背景や、そのデザインがどのようにして実現されたかということを理解しようとしています。

どのようなプロセスでデザインしますか?

まず、何かのテーマを貰った時には、リサーチとブレインストーミングをします。その結果、いくつかの方向性とアイデアを得ます。そして、インスピレーションの元となるイメージを探して行きます。こうした過程が終わった後、はじめてスケッチ、3Dモデリング、レンダリングといったプロセスに進んで行きます。

なんらかの音楽的バックグラウンドはお持ちですか?

ギター、ピアノ、フルート、ドラム、韓国伝統楽器等、様々な楽器を演奏したことがあります。

どんな分野のデザインンで活躍したいですか?

家電製品や消費者製品の分野で活躍したいです。

このコンテストをどのようにして知りましたか?

私が通うサンフランシスコのアカデミーアート大学の私のデザイン担当教授から教えて貰いました。

グランドピアノのどんなところに一番魅力を感じますか?

ピアノサウンドを広いスペースに届けることが出来ることに、魅力を感じました。しかし、アコースティックピアノの筐体デザインは、ピアノの弦の存在で制約を受けています。最新デジタル技術で、デジタルピアノのサウンドや音量感は、アコースティックに匹敵するほどに良くなりました。ですので、デジタルピアノをデザインすることは、より自由で柔軟に行うことが出来ます。

ローランドについて、一番関心があることは何ですか?

ローランドは、デジタル楽器の分野でいくつかの最高のテクノロジーを生み出していると思います。私は、プロのミュージシャンではありません。しかし、デジタルのサウンドとアコースティックサウンドの違いがわからないくらいデジタルのサウンドが良くなってきていることは良く理解できます。本当に最高のクオリティーの音だと思います。