ロック向けギターアンプの新シリーズ『KATANA』アンプをBOSSから発売

ニュースリリース 2016/09/10

パワフルなサウンドと内蔵エフェクトでギターの音作りを1台で完結
ロック向けギターアンプの新シリーズ『KATANA』アンプをBOSSから発売
~プロ・ギタリストが作成した本格サウンドのダウンロードも可能~

ローランド(株)(社長:三木 純一 https://www.roland.com/jp/)は、パワフルなサウンドと高品位なエフェクターで音作りができる、ロックギターの演奏に適したギターアンプの新シリーズ『KATANA』シリーズをBOSSブランドで2016年10月に発売します。

ギターアンプ『KATANA』シリーズ
(左から『KATANA-50』『KATANA-100』『KATANA-100/212』,右手前『KATANA-HEAD』)


ロックギターを演奏するギタリストは、使用するアンプのサウンドにパワフルさと、激しいピッキングにもすばやく反応する切れの良さを求めます。BOSSではフラッグシップ機である「WAZA AMP」の開発を通じて、ロック向けギターアンプの回路設計やチューニングに関する独自のノウハウを数多く得ました。そのノウハウと、長年のエフェクター開発で蓄積した技術や経験を活かし、ステージで活躍する本格派のサウンド、充実したエフェクト機能とパワーを持ちながら、手頃な価格と小型・軽量化を実現した、新世代のギターアンプが『KATANA』シリーズです。
『KATANA』シリーズはその名が表すように、鋭く切れの良いサウンドが特長です。フラッグシップ機「WAZA AMP」直系のハードロック向けサウンド「BROWN」をはじめとする5タイプのアンプ・サウンドと、BOSSの高品位な15種類のエフェクトを内蔵。曲に合わせて作り込んだ音色を本体に記憶させ、切り替えて演奏することができます。
さらに、専用ソフトウェアでパソコンと接続すれば、合計55種類のなかから好みのエフェクトを本体のエフェクトと入れ替えてカスタマイズしたり、プロが作成した歴史的な名曲の音色データをダウンロードしてアンプ本体に取り込み、演奏を楽しんだりすることが可能です。
『KATANA』シリーズは出力とスピーカー構成のバリエーションとして4モデルがラインアップ。演奏環境に応じてお選びいただけます。

製品プロモーション動画:https://youtu.be/ye03cx8PWSo

特長

  • ・BOSSのノウハウと最新技術が融合した新世代のロックギター向けライブ演奏用アンプ
  • ・フラッグシップ機「WAZA AMP」直系のハードロック向けサウンド「BROWN」を搭載
  • ・専用サイト「BOSS TONE CENTRAL」から世界的な著名ギタリスト制作の音色を無償で入手可能
  • 品名/品番
    ギターアンプ『KATANA-50』『KATANA-100』『KATANA-100/212』『KATANA-HEAD』
  • 価格
    オープン価格
  • 発売時期
    2016年10月
  • 初年度販売予定台数(国内/海外計)
    シリーズ合計 50,000台

さまざまなスタイルのロックに適応する5種類のアンプ・タイプを搭載

『KATANA』シリーズは5種類のアンプ・タイプを搭載。バラードなどの演奏に合う「CLEAN」、ブルースロックに適した「CRUNCH」、ソロ演奏向けの「LEAD」、さらにアコースティック・ギター専用の「ACOUSTIC」など、さまざまなスタイルのギター演奏に幅広く対応します。なかでも理想のロック・サウンドを追求したフラッグシップ・モデル「WAZA AMP」から受け継いだハードロック向けのアンプ・タイプ「BROWN」は音作りにこだわるギタリストにおすすめです。

BOSSの高品位なエフェクター

『KATANA』シリーズは55種類の多彩なエフェクトから本体にお好みの15種類エフェクトを登録でき、その中から選んだエフェクター3種類を同時に使って演奏することができます。
本体パネルにはギタリストになじみ深い、3ボリューム、3バンドEQのコントロールつまみを装備し*、直感的な音作りができます。また、アンプやエフェクターの設定を本体に4種類まで記憶させ、演奏中にフットスイッチ(別売)で切り替えることができる、ライブ演奏用ギターアンプとしての使いやすさを追求した仕様です。
*『KATANA-100』『KATANA-100/212』『KATANA-HEAD』は3バンドEQに加えてプレゼンスつまみを装備。


『KATANA-100』コントロール・パネル

使用する状況に合わせて選べる豊富なラインナップ

『KATANA』シリーズには50W出力の『KATANA-50』、100W出力の『KATANA-100』、100Wかつスピーカー2基を搭載しさらに音圧を増した『KATANA-100/212』、さらに外部スピーカー・キャビネット*への接続に対応する『KATANA-HEAD』の4モデルがラインアップ。演奏会場の規模や、運搬の手段などに合わせてお選びいただけます。
全ての機種に「パワー・コントロール」機能を搭載し、音のニュアンスはそのままに最小時には0.5Wの出力で演奏でき、自宅での練習時も周りへの騒音を気にせずに行えます。
*8Ω以上のインピーダンスに対応したスピーカー・キャビネットを接続可能。

自宅で、ライブ会場で、フレキシブルに活躍する『KATANA-HEAD』

ヘッドアンプ・タイプの『KATANA-HEAD』は本体に12cm(5インチ)スピーカーを搭載し、本体だけで最大30Wの出力で演奏可能。AUX IN端子に音楽プレーヤーやスマートホンを接続して音楽を再生しながらギター演奏するなど、自宅で楽しくギター演奏を行えます。さらに、スタジオやライブ会場に持ち運び、スピーカーキャビネットに接続すれば最大100Wの本格スタック・アンプとして活躍します。

『KATANA-HEAD』背面の外部スピーカー
接続端子とAUX IN端子

パソコンと接続して音色エディットやプロが作成した音色データをダウンロード

「BOSS TONE STUDIO」画面

『KATANA』シリーズはUSB端子を装備し、パソコンとの接続でさまざまな機能を楽しめます。専用のソフトウェア「BOSS TONE STUDIO」(無償でダウンロード可能)で55種類の豊富なエフェクト群から本体に登録する15種類を選ぶことが可能。各エフェクトの詳細な設定もグラフィカルなエディターを使って簡単に行えます。
また、「BOSS TONE STUDIO」から専用のウェブサイト「BOSS TONE CENTRAL」にアクセスすると、プロ・ミュージシャンが作成した即戦力の音色データや、ロックの歴史的名曲のギター・サウンドを再現した音色データが入手可能。『KATANA』シリーズにお好みのサウンドを追加して演奏することが可能です。

製品写真

詳細および主な仕様

※ 製品の詳細につきましては、ローランド・ホームページにてご確認ください。
KATANA-50:     https://www.boss.info/jp/products/katana-50/
KATANA-100:   https://www.boss.info/jp/products/katana-100/
KATANA-100/212: https://www.boss.info/jp/products/katana-100_212/
KATANA-HEAD:   https://www.boss.info/jp/products/katana-head/

この資料に関するお問い合わせ先

ローランド株式会社 お客様相談センター TEL: 050-3101-2555

  • ※ 仕様およびデザインは改良のため予告なく変更することがあります。
  • ※ 本ニュース・リリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。