ローランド・ミュージアム

Museum

ローランド浜松研究所内に、創業から2000年前後までのビンテージ楽器を中心に展示している一般非公開のミュージアムがあります。展示される楽器は、現在もリファレンス機器として製品開発にも使用される貴重なものです。特別にミュージアム内の様子を360度カメラで撮影した360VRビデオと、Googleストリートビューでオンライン公開いたします。

シンセサイザーはもちろん、電子ドラム、ピアノ、オルガン、BOSSブランドを含むギター関連製品などの多くのビンテージ楽器と共に、1972年創業からの「ローランドの革新の歴史」をご覧ください。

360VRビデオ

スマホの向きを変えたり、パソコンのマウスで画面をドラッグしたりすることで、さまざまな方向を向くことができます。
また、VRゴーグルを使うことでさらに迫力ある映像を体験できます。

※360VRビデオはSafari以外のブラウザで再生してください。



Googleストリートビュー

Googleストリートビューでローランド・ミュージアムの中の様子を見ることができます。
好みの場所に移動して、さまざまな方向を向いたり、拡大したりすることができます。

※施設の見学について:ローランド浜松研究所(ミュージアム)は一般の見学受付は行なっておりません。