SH-2

Software Synthesizer

SH-2
登録する

不朽のシンセサイザーSH-2をソフトウェアで

SH-2ソフトウェア・シンセサイザーは、1979年のローランドの名機、SH-2のサウンドを本格的に再現しました。むき出しのビンテージ・トーンで有名なSH-2のデュアルVCOとサブオシレーターという構成からは、図太いベース・サウンドやエッジの効いたリード・サウンド、そして型破りなサウンド・エフェクトが生まれます。

1979年のように盛り上がろう

1970年代後半、ポリフォニーと内蔵パッチメモリの開発により、シンセサイザーは大きな変革の時を迎えていました。世界中のシンセメーカーがこれらの新技術の開発を競い合う中、ローランドは一見何の変哲もないモノフォニック・シンセサイザー、今や伝説となっているSH-2を発売します。

低音はこれ

SH-2の機能は、ほぼ同時期にリリースされたローランドの先駆的なモデルJUPITER-4と比較すると控えめなものでした。とはいえ、2つのVCOとサブオシレーターという構成により実質的にはVCOを3つ備え、そこからは非常に太くて暖かいアナログ・シンセトーンを生み出すことができました。今日に至るまで、これほど地をゆさぶり、骨まで響くようなシンセベースの音を作り出せるのはSH-2をおいて他にないと、多くのシンセ愛好家が感じています。

自分のSH-2をプラグインしよう

オリジナル・モデルに関するローランドの深い知識を活用して、SH-2ソフトウェアでは個々の回路間の相互作用など、細部に至るまで忠実に再現しました。自己発振するVCFから急峻なエンベロープのアタックとディケイの特性に至るまで、すべてが正確に再現されています。オリジナルのユニークな倍音構成とピッチの揺らぎはもちろんのこと、実際の音とは無関係のパラメータをいじったときに起こる微妙な音色の変化など、アナログにしか見られない回路の振る舞いも再現しました。それに加えてオリジナル・モデルにはなかった新機能もいくつか追加されています:

  • 64’まで拡張可能なVCOレンジにより超低音を実現。
  • ADSRエンベロープが2つ。
  • 最新のエフェクト:リバーブ、テンポ・ディレイ、ビットクラッシャー。
  • 逆動作にも対応したオートベンド機能。
  • アルペジエーター装備。
ハードウェアとの統合

SH-2はPLUG-OUT形式もサポートし、対応するハードウェアからのコントロールが可能です。ハードウェアとソフトウェアの間でサウンドをやり取りし、ハードウェア・シンセサイザーに直接PLUG-OUTして、どこにでも持って行けるスタンドアロンのSH-2を作ることができます。プラグインをDAWで使用する場合は、ハードウェアのノブやスライダーを使って、ハンズオンでコントロールすることもできます。

今すぐRoland Cloudに登録して、SH-2でどれだけの低音の重低音サウンドをが出せるか、チェックしてみてください。

主な仕様
最大同時発音数
1音
モジュレーター
LFOレイト
ディレイ・タイム
ウェーブフォーム(サイン波、三角波、鋸状波、矩形波、RANDOM(S/H))
VCO
オート・ベンド・デプス
モジュレーション・デプス
VCO-1
レンジ(64、32、16、8、4、2)
ウェーブフォーム(鋸状波、矩形波、サイン波)
パルス・ウィズ
PWMモード・スイッチ(MANUAL、LFO、AUTO BEND、VCF ENV、VCA ENV、VCO-1 SUB)
ベンダー・デプス
VCO-2
レンジ(64、32、16、8、4、2)
ウェーブフォーム(鋸状波、矩形波、ノイズ)
パルス・ウィズ
PWMモード・スイッチ(MANUAL、LFO、AUTO BEND、VCF ENV、VCA ENV、VCO-1 SUB)
ファイン・チューン
コース・チューン
オーディオ・ミキサー
VCO-1
VCO-2
VCO-1 SUB
VCF
カットオフ・フリケンシー
レゾナンス
ENVデプス
モジュレーション・デプス
キーボード・フォロー
VCF ENV
アタック・タイム
ディケイ・タイム
サステイン・レベル
リリース・タイム
VCA
VCAモード(GATE、A.ENV、F.ENV、HOLD)
トーン
クラッシャー・デプス
VCA ENV
アタック・タイム
ディケイ・タイム
サステイン・レベル
リリース・タイム
VCF/VCA ENV
ゲート・トリガー選択スイッチ(GATE、LFO、GATE+TRIG、LFO+GATE)
エフェクト
リバーブ・レベル
ディレイ・レベル
ディレイ・タイム
コントローラー
Vボリューム
ポルタメント
ベンド・レンジ
テンポ・シンク・スイッチ
アルペジオ
アルペジオ・スイッチ
アルペジオ・タイプ(1 Oct Up、1 Oct U+D、1 Oct Down、2 Oct Down、2 Oct U+D、2 Oct Down)
アルペジオ・ステップ(1/4、1/8、1/16、1/4T、1/8T、1/16T)
チューン
430Hz~450Hz
対応サンプリング周波数
44.1kHz、88.2kHz、176.4kHz、48kHz、96kHz、192kHz
1バンクあたりのパターン数・音色数
64音色
※新規ユーザー・バンクを作成可能
対応プラグイン・フォーマット
VSTi(32bit/64bit)、AU
プラグアウト対応機種
SYSTEM-1、SYSTEM-8
動作条件(Mac OS)
対応OS
Mac OS X 10.8.5以降
ホスト・アプリケーション
VSTインストゥルメント(VSTi)版:VST 3.6互換
Audio Units(AU)版:V2 Audio Units互換
CPU
Intel® Core™2 Duo以上
RAM
4GB以上
必要なハードディスク空き容量
100MB以上
画面解像度/色数
1,280×800ドット以上/Full Color 24ビット以上
その他
ソフトウェアのアクティベーションにはインターネット環境が必要となります。
SYSTEM-1、およびSYSTEM-8へのプラグアウトのためには、各製品のドライバーのインストールが必要です。
動作条件(Windows OS)
対応OS
Microsoft® Windows® 7 SP1
Microsoft® Windows® 8/8.1
Microsoft® Windows® 10
※Windows® RT、Windows® Phone、Hyper-V、Virtual PCなどの仮想マシンとは互換性がありません。
ホスト・アプリケーション
VSTインストゥルメント(VSTi)版:VST 2.4/3.6互換
CPU
Intel® Core™2 Duo以上または互換プロセッサ
※互換プロセッサそのものの互換性に関しては保証いたしかねます。
RAM
2GB以上
必要なハードディスク空き容量
100MB以上
画面解像度/色数
1,280×800ドット以上/Full Color 24ビット以上
その他
ソフトウェアのアクティベーションにはインターネット環境が必要となります。
オンライン・ヘルプをご覧いただくためにはAdobe Reader(無償)が必要です。
SYSTEM-1、およびSYSTEM-8へのプラグアウトのためには、各製品のドライバーのインストールが必要です。
※本製品は上記条件を満たす標準的なコンピューターで動作を確認しておりますが、この条件下での動作すべてを保証するものではありません。
※同一条件下でもコンピューター固有の設計仕様や使用環境の違いにより処理能力が異なることをご了承願います。
Microsoft Windows is a registered trademark of Microsoft Corporation in the United States and/or other countries.
VST is a trademark and software of Steinberg Media Technologies GmbH.

Downloads

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。