JD-800

Model Expansion

JD-800
登録する

デジタル・シンセの象徴の帰還

1990年代初頭まで、ハンズ・オン・コントロールによるサウンド・メイクを主体にせず、プリセット音色を主体とするデジタル・シンセサイザーが世間を席巻していました。1991年に発売されたJD-800は、それまでの流れに逆らい、トップ・パネルに膨大なコントロールを搭載し、サウンド・メイクというシンセサイザーのルーツにチャレンジしました。オリジナルのJD-800のウェーブ・フォームと最新のモデリング技術によって、JD-800 Model Expansionはこのビンテージ・デジタルの特徴であるキラリと光るトーンやサウンド・メイクの多彩さをDAWや互換性のあるハードウェアにもたらします。

JD-800 Model Expansion Sound Examples
指先で奏でる伝説のサウンド

JD-800のレトロなワークフローや、その刺激的なサウンド、パワフルなエフェクトは90年代以降のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーに人気がありました。オリジナルのアーキテクチャをもとに再現したJD-800 Model Expansionはビンテージの持つ音のふるまいを忠実に捉えています。オリジナルのハードウェアから移植された64のプリセット音色や新規で採用された数多くのプリセットを使用して即座に楽曲制作を行えるほか、オリジナル同様のスライダーやツマミを使用して新たなサウンド・メイクを行うなど、多くのインスピレーションが生まれます。

スピーディーな制作を実現

Model Expansionsはスピーディーかつ高いパフォーマンスを求められる現代の制作環境にフィットするようにデザインされています。ZENOLOGYをホストとして立ち上げることで、プラグインの直観的なインターフェースや、明瞭に表示されるCPU使用率、簡単操作のコントローラー、シンプル操作によるウィンドウ・サイズの変更など、機能を最大限に活用しています。またModel Expansionsの切り替えや、サウンドの読み込みもスムーズに実行。制作の流れを中断する必要はありません。

お気に入りのサウンドをハードウェア、ソフトウェアのどちらでも

Model ExpansionsはZENOLOGYを介してDAW上で動作するだけでなく、JUPITER-X/Xmへエクスポートすることができます。つまり、スタジオやステージ、ちょっとした出先など場所を選ばず、いつでもお気に入りのサウンドを準備できます。

Downloads

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

お知らせ