FX50

Monitor Speaker

FX50

スタジオ・モニターとしての性能を突き詰めたF Seriesのフラッグシップ・モデル

Fluid Audio F Series FX50は、スタジオ・モニターとしての性能を突き詰めたF Seriesのフラッグシップ・モデルです。ドライバーを同軸上に配置し位相ずれを低減、スタジオの音響特性に応じたEQ調節を可能にするバウンダリー補正スイッチの搭載といった、モニタリングをより完全な形で行うための環境構築をより身近にするモニター・スピーカーです。

高音質、パワフルな合計70Wのバイアンプ方式

F Series FX50は、従来モデルであるF5のサウンド・機能をベースにスタジオ・モニターに必要な要素を盛り込むことで、最適なモニタリング環境をより身近にしたモニター・スピーカーです。

ツィーターとウーファーを同軸上に配置

ツィーターとウーファーを同軸上に配置することで、それぞれの出力の位相ずれを抑制し再現性を向上しています。

豊富な入力端子

XLRバランス入力、TRSバランス入力、RCAアンバランス入力に対応し、様々な機材を接続可能です。

※複数の入力端子を同時に使用することも可能ですが、音は全てミックスされます。

高音質を実現するバイアンプ方式採用

ウーファーとツイーターそれぞれのドライバーへの供給電源を分離するバイアンプ方式を採用。5インチのペーパーコーン・ウーファーに最大50W、1インチのシルクドーム・ツイーターに最大40Wを供給。ぞれぞれのドライバーの出力変動による干渉を防いでいます。

EQ 調節可能なバウンダリー補正スイッチ搭載

設置するスタジオの音響特性に最適な出力をおこなうためのEQ 調節が可能、個々の環境に最適化させることができます。

フロントバスレフポート搭載

バスレフベントを正面に配置するデザインで、豊かな低音成分と正確な音をダイレクトに伝えます。また壁などの部屋環境に影響されない、自由な設置が可能です。

高品質ClassD アンプ搭載

アンプ回路にClassDアンプを採用することで、従来モデルよりコンパクトかつ出力アップを実現しています。

主な仕様
形式
2-way バスレフ型 バイアンプ方式 ニアフィールド・スタジオ・モニター
再生周波数帯域
49Hz - 22KHz
クロスオーバー周波数
2.9kHz
定格出力
90W(LF:50W/HF:40W)
S/N比
89dB(Typical A-weghted)
ドライバー
5インチ(約13cm)ペーパーコーンウーファー
1インチ(約2.5cm)シルクドームツイーター
キャビネット
ラミネート MDF (中密度繊維板)
入力インピーダンス
バランス接続:20kΩ
アンバランス接続:10kΩ
入力端子
XLR (バランス)
TRS (バランス、アンバランス)
RCA (アンバランス)
電源入力
100V~240V( 50/60Hz)
カラー/型番
ブラック(FX50)
入数
1台
ステレオにて利用する際には別途もう1台必要となります。
外形寸法/質量
幅 (W)
176mm
奥行 (D)
234mm
高さ (H)
230mm
質量
3.8 kg
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書