FP-4

Digital Piano

FP-4
販売完了

本格的な音とタッチの88鍵デジタルピアノを軽快に持ち運べるFPシリーズのエントリー・モデル。

軽量・コンパクトなボディに「88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源」を搭載したFP-4。置き場所を選ばないコンパクト・ピアノとして、ストリート・ライブの相棒として、いつでもどこでも、いい音といいタッチで演奏が気軽に楽しめます。

フルコンサート・グランドピアノを徹底追求した「88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源」。

迫力の低音域から、輝きのある高音域まで。ローランドピアノ・デジタルのピアノ音は、フルコンサート・グランドピアノの特性を徹底追求して創り上げた、88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源です。世界の銘器と呼ばれるさまざまなグランドピアノの88鍵全てを一鍵一鍵サンプリングすることにより、鍵盤ひとつひとつの鳴りや響きの違いまでを忠実に再現。フルコンサート・グランドピアノそのもののサウンドを艶やかに響かせます。最大同時発音数は余裕の128音。ダンパー・ペダルを多用する曲や速いパッセージの曲も、余韻までしっかりと響かせます。

ローランドの技術がかなえる豊かな表現力。

グランドピアノ特有の、ダンパー・ペダルを踏んだときに生まれる美しい音の広がりを「ダンパー・レゾナンス」で再現。
また、ピアノ音にメリハリをつけられる「ダイナミクス・サウンド・コントロール」を使用することで、アンサンブルの中でもピアノ音の粒立ちのよさを実感できます。

奏者の気持ちに応える連続検出ペダル。

ダンパー・ペダルとソフト・ペダルは、ペダルの微妙な踏み加減を連続検出可能。ダンパーが弦に触れるか触れないかの状態のかすかな音の変化や、ダンパー・ペダルを徐々に踏み込んだときの音の伸び具合の変化など、ペダルを使った繊細な演奏表現を可能にします。

自然なタッチの「PHAαⅡ(プログレッシブ・ハンマー・アクション・アルファⅡ)鍵盤」。

軽量・コンパクトなデジタルピアノながらも、グランドピアノと同様バネを使わずハンマーの重さだけで動く自然なタッチを実現しました。進化したPHAαⅡ鍵盤では手応え感がさらにアップし、表現力がいちだんと豊かになりました。
また、軽い/標準/重いといったようにタッチの切り替えが可能。指の強さやレッスンの目的に合わせて、鍵盤のタッチ感を調節することができます。

いつでもどこでも演奏が楽しめる軽量・コンパクト設計。

持ち運びに便利な15.3kgの軽量・コンパクトなボディは、どなたにも使いやすいホワイトとブラックの2カラー。本体にスピーカーを内蔵しているので、お部屋で、ステージで、ストリートで…場所を選ばず演奏を楽しめます。

迫力の伴奏で、演奏を自由に、クリエイティブに。

「セッション・パートナー」は、実際にプロのミュージシャンが演奏した80種類×2バリエーションの豊富なリズム&伴奏パターンを内蔵。臨場感あふれる演奏をバックに奏でれば、迫力のセッションが体験できます。音楽ジャンルやリズムに最適なコード進行があらかじめ設定されているうえ、自分でも自在にコード進行を設定できるので、アドリブの練習やオリジナル曲作りへの活用も可能。他にも、多彩なリズムをメトロノーム代わりに練習、楽しみながらリズム感を養ったり、ライブでの弾き語りに伴奏を添えるなど、さまざまなシーンで演奏の楽しさを広げることができます。

幅広いジャンルの曲をお手本に、弾きたい曲にどんどんチャレンジ。

FP-4には、クラシック、ポップスなど、幅広い音楽ジャンルの曲を内蔵。お部屋にピアノがきたその日から、弾きたい曲にトライできます。

メトロノームやレコーダーなど、レッスンにうれしい機能が満載。

曲調やレッスンの目的に合わせてテンポや拍子を自由に変更できる、メトロノームを搭載。また、内蔵のレコーダーを使えば、弾きながら録音してその場ですぐに聴き直せるので、自分の演奏を客観的にチェックするのに便利です。
また、時間帯を気にせず演奏を楽しめるのもデジタルピアノならでは。ローランドピアノ・デジタルは全機種でボリューム調整やヘッドホンの使用が可能です。オプションのヘッドホンなら、周囲の音を遮断することで練習に集中できる密閉型、長時間弾いても耳が疲れにくい開放型など、レッスンの目的に合わせてお選びいただけます。ヘッドホンは2つつなげるので連弾や親子での練習に便利です。

演奏の幅を広げる、さまざまな楽器音。

ピアノ音以外にも、エレピやオルガンなど、高品位な楽器音を豊富に内蔵。曲に合った楽器音で奏でれば、イメージがぐんと広がります。楽器音にふさわしい短いフレーズを収録した音色デモ曲も内蔵しているので、その楽器音で演奏したときのイメージをつかむのに役立ちます。
さらに、2種類以上の楽器音を重ねて弾ける「デュアル(レイヤー)」機能で豊かなハーモニーを楽しんだり、鍵盤を左右の領域に分割、それぞれ違う楽器音で鳴らせる「スプリット」機能を使って、一人でアンサンブル演奏を楽しんでみましょう。例えば、ピアノ音にストリングス(バイオリンなどの弦楽器)の音を重ねて美しい厚みを持たせたり、右手をピアノ、左手をベースにしてジャズのナンバーを奏でたり。いつもの曲も違った気分で楽しむことができます。

オーケストラやバンドとの共演気分で、レッスンを楽しく。

内蔵曲の活用で、効果的なレッスンが手軽に実現します。例えば、右手/左手/伴奏といったパートごとの再生ができるので、内蔵曲の左手パートをミュート(消音)して右手パートだけを再生させれば、苦手な左手をじっくり練習できます。オーケストラやバンドの曲も多数内蔵しているので、迫力の伴奏をバックに演奏を楽しむことも。また、キーはそのまま、テンポの変更もできるので、初めての曲はお手本演奏をゆっくり再生させるなど、自分のペースで練習が進められます。

オプション品

専用スタンド KSC-44-BK(ブラック)、KSC-44-WH(ホワイト)
※いずれも別売

主な仕様
鍵盤
鍵盤
88鍵PHAαⅡ(プログレッシブ・ハンマー・アクション・アルファⅡ)鍵盤
鍵盤タッチ
3段階/固定(ベロシティー設定可能)
キーボード・モード
フル・キーボード、デュアル(音量バランス設定可能)、スプリット(スプリット・ポイント設定可能)
音源
ピアノ音
88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源
最大同時発音数
128音
音色
342音色(ドラム・セット9含む)
GM2システム/GSフォーマット/XG lite対応
音律
種類 [平均律、純正調(長調/短調)、キルンベルガー、中全音律、ピタゴラス音律、ベルクマイスター]、根音指定可
ストレッチ・チューニング
プリセット
マスター・チューニング
415.3~466.2Hz(0.1Hz 単位)
トランスポーズ
キー・トランスポーズ:-6~+5(半音単位)
エフェクト
サウンド・コントロール(3種類)、リバーブ(10段階)、デジタル・エフェクト(62種類、ロータリー、ダンパー・レゾナンス含む)
うれしい機能
セッション・パートナー
リズム:80種類×2バリエーション、コード進行:自動または鍵盤入力(コード進行作成可能)
レジストレーション
24(本体メモリーに最大25セット保存可能)
機能いろいろ
V-LINK
メトロノーム
メトロノーム
テンポ:4分音符=10~500、拍子(2/2、0/4、2/4、3/4、4/4、5/4、6/4、7/4、3/8、6/8、9/8、12/8)、音量調節:11段階
レコーダー
トラック数
3トラック
記憶曲数
1曲
記憶音数
約30,000音
コントロール
曲選択、再生/停止、録音、曲の頭、巻戻し、早送り、トラック・ミュート、トラック・ミュート音量、テンポ、全曲再生、カウントイン、曲音量
テンポ
4分音符=10~500
分解能
120ティック/4分音符
内部メモリー
記憶曲数
最大99曲
内蔵曲
内蔵曲
65曲+デモ8曲
接続端子
USB端子
USB(MIDI)端子
コントロール端子
ペダル端子(ダンパー、ソフト*、ソステヌート*)
*機能割り当て可能
その他端子
アウトプット端子(L/Mono、R):標準タイプ、インプット端子(L/Mono、R):標準タイプ、ヘッドホン端子×2:ステレオ標準タイプ、MIDI端子(In、Out)、DCイン端子
その他
定格出力
7W×2
スピーカー
(8cm×12cm)×2
表示器
7セグメント3桁LED
コントロール
音量、バランス、スピーカー・スイッチ
ペダル
連続検出対応1本付属
電源
DC9V(付属ACアダプター)
消費電力
22W
外装仕上げ
ホワイト、ブラック
付属品
取扱説明書、保証書、ローランドユーザー登録カード、ACコード、電源コード(ACアダプター接続用)、譜面立て、譜面立て取り付けネジ2本、ペダル(連続検出対応)、本体カバー
※MIDIケーブル、オーディオ・ケーブル、MIDIインプリメンテーションは別売品です。
外形寸法 / 質量 ( 本体のみ、譜面立てなし )
幅(W)
1,342 mm
奥行き(D)
305 mm
高さ(H)
135 mm
質量
15.3 kg
外形寸法 / 質量 ( 別売専用スタンドKSC-44-WH/BK含む、譜面立てあり )
幅(W)
1,342 mm
奥行き(D)
341 mm
高さ(H)
940 mm
質量
27.4 kg
外形寸法 ( 別売専用スタンドKSC-44-WH/BK含む、譜面立てなし )
幅(W)
1,342 mm
奥行き(D)
305 mm
高さ(H)
761 mm

Downloads

アップデーター&ドライバー

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書

お知らせ