FA-101

FireWire AUDIO CAPTURE

FA-101
販売完了

最大24ビット/192kHzでの録音再生を実現。独立10ch FireWireオーディオ・インターフェース

エディロールのオーディオ・インターフェース技術を、鮮やかなレッドの1Uハーフ・ラック・ボディに結集。FA-101は、業界最高レベルの最大24ビット/192kHzの同時録音再生に対応したFireWireオーディオ・インターフェースです。 ■Cakewalk Production Plus Pack同梱製品

独立10イン/10アウトのFireWireオーディオ・インターフェース

FA-101は、24ビット/96kHzの圧倒的な高音質で独立10チャンネルの同時録音再生が可能なFireWireオーディオ・インターフェース。MIDIインターフェース機能も装備し、パソコンのオーディオ/MIDI環境を飛躍的に向上させることができます。エディロールのオーディオ・インターフェースは、手軽な接続でオーディオ入出力を可能にするUSBオーディオ・インターフェースUAシリーズと、Hi-Speed USB(USB2.0)対応、24ビット/96kHz独立10チャンネル同時録音再生が可能なUA-1000に、FireWire接続のFA-101が加わったことで、より多彩な使用環境/パソコン構成に対応。特に、数多くのチャンネルのオーディオ入出力を必要とするMacintoshユーザーには、簡単な接続とコンパクトなボディで10チャンネルの入出力が可能になるFA-101がおすすめです。

最大24ビット/192kHzの業界最高レベルのハイ・クオリティAD/DA

FA-101は、業界最高レベルの24ビット/192kHzの同時録音再生に対応したハイ・クオリティAD/DAコンバーターを搭載。今後普及が期待されているDVDオーディオやSuper Audio CD(SACD)の最高クオリティに応じた音楽制作を実現します。また、デジタル入出力時のサンプリング周波数も、44.1/48/88.2/96kHzに対応。さまざまな周波数に対応することで、クオリティを損なうことなく多彩なデジタル・オーディオ機器との接続が行えます。

2チャンネルのファンタム電源対応高品質マイク・プリアンプを搭載

FA-101は、2チャンネルのファンタム電源供給可能な高品質マイク・プリアンプを搭載しています。厳選されたアナログ・パーツを採用することで、透明感のあるサウンドを実現しました。また接続機器を選ばない豊富な入力端子を1Uハーフ・ラック・サイズ・ボディに装備。フロント・パネルの入力端子は、XLR/標準のどちらも接続可能なコンボ・タイプ。さらにインプット2は、ギター/ベースをダイレクトに接続できるハイ・インピーダンス入力にも対応。そのほか、MD/CDなどとの接続に使用するデジタル入出力端子もフロント・パネルに配置しています。入力端子をフロント・パネルに配置することにより、素早いセッティングが可能です。リア・パネルには、8系統の出力端子とインプット3~8の入力端子を配置。これらの標準ジャックは、すべてTRSのバランス入出力に対応しています。また、1IN/1OUTのMIDI端子も装備しました。

Core Audio、WDM、ASIO2.0に対応

ドライバはMacOS XのCore Audio、Core MIDI、Windows XPのWDM、ASIO2.0に対応。SONARをはじめさまざまなDAWアプリケーションで低レイテンシーの快適なレコーディングが行えます。特にMacOS Xでは、OS標準のCore Audioドライバに対応することで、FireWireケーブルを接続するだけで、高音質オーディオ入出力環境が実現できます。また、FA-101のフロント・パネルにダイレクト・モニターのスイッチ/つまみを配置することにより、素早いセッティングが可能。ダイレクト・モニタリングの音量調節や、ステレオ/モノの切り換えも行えます。

ヘアライン処理も美しい、鮮やかなレッドのボディ。モバイルにも最適

FA-101のフロント/トップ・パネルは、ヘアライン処理の美しい、鮮やかなレッドのアルミニウム製。雑然としがちなPC周辺機器やオーディオ機器のなかでひときわ存在感を主張する1Uハーフ・ラック・サイズです。コンパクトなFA-101は、電源もACアダプター接続のほか、FireWireバス・パワーにも対応。FireWireケーブルでパソコンと接続するだけで、すぐに高音質レコーディング/再生が行えますので、モバイル環境にも最適です。

主な仕様
オーディオ録音/再生チャンネル数
〈44.1/48/88.2/96kHz〉録音=10チャンネル、再生=10チャンネル、〈192kHz〉録音=6チャンネル、再生=6チャンネル ※同時録音再生可能
信号処理
AD/DA変換=24ビット、PCインターフェース=24ビット
サンプリング周波数
デジタル出力=44.1/48/88.2/96kHz、デジタル入力=44.1/48/88.2/96kHz、AD/DA変換=44.1/48/88.2/96/192kHz
規定入力レベル
入力1/2(XLR)=-50~-10dBu、入力1/2(TRS標準)=-35~+4dBu、入力3~6=+4dBu、入力7/8=-10~+4dBu
規定出力レベル
出力1~8=+4dBu(バランス)
インターフェース
FireWire(R)(IEEE1394a)、デジタル入出力(オプティカル=IEC60958に準拠)、MIDI入出力
接続端子
〈フロント・パネル〉入力1/2(XLR=バランス、ファンタム電源/TRS標準=バランス ※入力2はハイ・インピーダンス対応)、ヘッドホン(ステレオ標準)、デジタル入力(オプティカル)、デジタル出力(オプティカル)〈リア・パネル〉入力3~8(TRS標準=バランス)、出力1~8(TRS標準=バランス)、MIDI(IN×1/OUT×1)、FireWire(R)
電源
DC9V(ACアダプター)、またはFireWire(R)バス・パワー
消費電流
900mA
動作条件【Windows】
対応OS
Microsoft(R) Windows(R)XP Home/XP Professional ※すべて日本語版
対応パソコン
IEEE1394/FireWire(R)ポートを装備したWindows(R)対応パソコン ※TI (テキサス・インストゥルメント)社製FireWire(R)(IEEE1394)コントロール・チップを推奨
CPU/クロック
Pentium(R)、Celeron(R)、または互換プロセッサー/900MHz以上 ※192kHz使用時、Pentium(R)4/2GHz以上を推奨。 ※VIA社のチップセットを搭載したパソコンでは、1.5GHz以上を推奨いたします。1.5GHz未満の場合、お使いの環境によっては録音/再生時に音が途切れる症状が確認されています。
メモリー
256MB以上〈IEEE1394インターフェース・カード カード・バス(PCMCIA)用、PCIバス用をご使用の場合〉※TI (テキサス・インストゥルメント)社製IEEE1394ホスト・コントローラーを搭載したインターフェース・カードをお薦めします。 ※一部パソコンで、カード・バス(PCMCIA)用IEEE1394インターフェース・カード自体が十分なパフォーマンスが出ていないことが確認されています。
動作条件【Macintosh】
対応OS
Mac OS 10.3.3以上 ※OSのアップデートが必要です。
対応パソコン
FireWire(R)端子を標準で装備したApple(R)Macintosh_シリーズ
CPU/クロック
PowerPC G3/800MHz以上、PowerPCG4/700MHz以上 ※192kHz使用時、PowerPC G4/1.2GHz以上を推奨
※MacOS X 10.5以上でお使いの場合、Intel プロセッサ または PowerPC G5以上
メモリー
256MB以上
※Mac OS X 10.5以上でお使いの場合、1Gバイト以上
外形寸法 / 質量
幅 (W)
218 mm
奥行き (D)
137 mm
高さ (H)
46.5 mm
質量
0.95 kg




※動作確認パソコンおよびIEEE1394インターフェース・カードの最新情報、またMacOS Xに必要なソフトウェア・アップデートに関する情報は、<a href="../support/byproduct/FA-101/index.html">こちらにてご確認いただけます。※FA-101のFireWire(R)(IEEE1394)ポートに周辺機器を接続する場合には、セルフ・パワーに対応した機器を接続してください。 ※4ピンのIEEE1394端子に接続する場合は同梱のACアダプターが必要です。

※192kHz動作時は、オプティカル端子が使用できません。※動作条件については、標準的なコンピューターで動作を確認しておりますが、この条件下での動作すべてを保証するものではありません。同一条件下でも、コンピューター固有の設計仕様や使用環境の違いにより処理能力が異なることをご了承願います。

※96kHzでお使いの場合、FA-101をMacに接続したとき認識しない場合があります。この
場合はFA-101の電源を一度切ってから再度投入してください。
※Audio MIDI 設定のオーディオ装置で「クロックのソース」にDeviceを選択してご使
用ください。

※互換プロセッサーそのものの互換性に関しては保証しかねます。

※NEC PC-9801/9821シリーズには対応しておりません。

※オーディオの録音時には、録音時間や量子化ビット数/サンプリング周波数に応じて、十分なハードディスク空き容量が必要です。

※Digital Performer使用時 G4/700MHz以上のデュアル・プロセッサーの Macintoshを推奨 (Digital Performerとの組み合わせでは、シングル・プロ セッサーのMacintoshで使用すると、パフォーマンスが十分に得られず、オー ディオ録音、再生時にノイズがのる症状が確認されています)



※0dBu=0.775Vrms

※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

アップデーター&ドライバー

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書

お知らせ