A-88

MIDI Keyboard Controller

A-88
展示店を探す

アコースティック・ピアノさながらの弾き心地を実現。88鍵ハンマー・アクション鍵盤を採用した、MIDIキーボード・コントローラー。

A-88は、優れた演奏性を誇るアイボリー・フィールG鍵盤を搭載したピアノ・タッチのMIDIキーボード・コントローラーです。SuperNATURAL音源のコントロールに最適なパラメーターに瞬時にアサインできるSuperNATURALモードを装備。A-88の2つのボタン、2つのノブ、ペダルを使い、INTEGRA-7JUPITER-80JUPITER-50の持つ表現力を活かした演奏を実現します。さらに、ライブ・パフォーマンスで威力を発揮するD-BEAMも搭載。また、Windows/Mac/iPad(※1)と3つのプラットフォームに対応し、音楽制作からステージでのパフォーマンスまで幅広くお使いいただけます。

高い演奏感を実現するアイボリー・フィールG鍵盤搭載。

 A-88は、本格的なピアノ・タッチを実現した88鍵MIDIキーボード・コントローラーです。
 キーボード部には、RD-300NXで高い評価を得ているアイボリー・フィールG鍵盤を採用しました。アイボリー・フィールG鍵盤は高精細のセンサーを搭載し、高い連打性を実現するとともに微妙な演奏表現や抑揚感まで、プレイヤーの感性を余すことなく音に反映することができます。
 さらに、アコースティック・ピアノ同様のハンマーの重さだけで動作する鍵盤構造を採用。低音域はずっしりとした手ごたえ、高音になるにしたがって軽くなる、ピアノ特有の鍵盤タッチもリアルに再現し、ピアノらしい自然な演奏感を可能にしました。加えて、エスケープメント機構により、鍵盤を弱く弾いたときに感じるグランドピアノ特有のクリック感を再現しています。
 鍵盤表面は吸湿性に優れた素材を使用。汗や湿気による滑りを防止するので、ステージなどの過酷な環境での使用でも、安定感のある演奏が行えます。
 アイボリー・フィールG鍵盤は、高い演奏感を実現しながらも、軽量で奥行きを抑えた機構を採用。これにより、A-88は本格的なピアノ・タッチながら自宅やライブ・ステージで扱いやすい、高いポータビリティ性を実現しています。

圧倒的な表現力を操るSuperNATURALモードを搭載。

 A-88には、2つのボタン、2つのノブ、各種ペダル端子を搭載。各コントローラーに好みのパラメーターをアサインすれば、DAWソフトやプラグイン・シンセサイザーをコントロールすることもできます。
 また、SuperNATURALボタンを押すことで、これらのコントローラーが、INTEGRA-7JUPITER-80JUPITER-50などのSuperNATURAL音源をコントロールするのに最適な設定が瞬時に割り当てられ、アコースティック楽器特有のノイズを付加したり、奏法の切り替えなどが行えます。
 音楽制作時の打ち込みはもちろん、JUPITER-80やJUPITER-50のセカンド・キーボードとして活用すれば、強力なリアルタイム・パフォーマンスが可能になります。

多彩な演奏を実現する視認性の高いコントローラー。

 A-88は、シンプルながら使い勝手の高いコントロール機能を搭載。すべてのボタンは自照式で、高い視認性を実現しています。
 コントロール部にはピッチ/モジュレーション・レバーや各種コントローラーに加え、ライブ・パフォーマンスで威力を発揮するD-BEAMも搭載しました。D-BEAMはPITCHやVOLUMEに加え、好みのパラメーターを自由に設定できるASSIGNの3モードをスイッチで瞬時に切り替えることができます。
 また、演奏しやすい音域に変更するオクターブやトランスポーズ・ボタンには、専用のLEDを搭載。視覚的に設定状況を確認することができます。さらに、デュアル/スプリット機能も搭載し、2種類の音色を重ねたり、切り分けるといった88鍵をフルに活かした自由度の高い演奏を行うこともできます。
 背面パネルには、外部音源と接続が可能なMIDI端子とペダル端子を装備。付属のダンパー・ペダルはもちろん、3本ペダルのRPU-3にも対応し、ソフト・ペダルやソステヌート・ペダルを使った高度な奏法も行えます。

Windows/Mac/iPad、3つのプラットフォームに対応。

 A-88は、Windows/Mac/iPadの3つのプラットフォームに対応しています。Apple Camera Connection Kitを使ってUSB接続することで、iPad上のMIDI対応アプリケーションをA-88の高性能鍵盤を使って演奏したり、リアルタイム・コントロールすることが可能です。

※ iPad(初代)はお使いいただけません。

Ableton Live Liteのライセンスを付属。

 Ableton Live Liteは、音楽制作ソフトウェアAbleton Liveのカスタマイズ版です。厳選した製品をパッケージしたLive 9 Liteなら、新鮮かつ簡単な方法で独自の曲を録音、制作、演奏できます。また、Liveは、ステージ用のパワフルなパフォーマンスツールでもあり、ソロでのプレイにも、バンドでのプレイにも大活躍。Live 9 Liteは、使用期間に制限がなく、作業内容を保存し、ミックスダウンすることができます。

※ 現在同梱のDAWソフトウエア変更中につき、店頭在庫にはCakewalk Sonar LEを同梱した製品が混在している場合がございます。同梱ソフトウェアに関する詳細は以下のご案内をご確認ください。
「お知らせ:Ableton Live Lite についてのご案内」

主な仕様
キーボード
88鍵(アイボリー・フィールG鍵盤、エスケープメント付き)
コントローラー
ボタン=S1、S2(アサイナブル)
つまみ=C1、C2(アサイナブル)
フット・ペダル=ダンパー、FC1、FC2
ピッチ・ベンド/モジュレーション・レバー
Dビーム・コントローラー
ボタン
[ファンクション]ボタン
[SuperNATURAL]ボタン
[オクターブ +/-]ボタン
[トランスポーズ]ボタン
[デュアル/スプリット]ボタン
[アッパー]ボタン
[ロアー]ボタン
スイッチ
[電源]スイッチ
[パワー・ソース]スイッチ
ディスプレイ
パワー・インジケーターLED
オクターブ・インジケーターLED
接続端子
DAMPER PEDAL端子(TRS標準タイプ)
FC1、FC2端子(TRS標準タイプ)
MIDI OUT端子
USB COMPUTER端子(USBタイプB)
DC In端子
インターフェース
USB
電源
ACアダプター/USB COMPUTER端子より取得
消費電流
100mA(ACアダプター)、150mA(USB)
付属品
取扱説明書
ダンパー・ペダル(連続検出対応)
ACアダプター
電源コード
Aシリーズ・キーボードCD-ROM
USBケーブル
別売品
キーボード・スタンド(KS-18Z/KS-12)
ペダル・ユニット(RPU-3)
ダンパー・ペダル(DP-10)
ペダル・スイッチ(DP-2)
エクスプレッション・ペダル(EV-5)
Windows 動作条件※ハードウェアのみの対応状況
応OS
Microsoft® Windows® 8 8.1 / Windows® 7 SP1以上、Microsoft® Windows Vista® SP2以上、Microsoft® Windows® XP Home/XP Professional SP3以上 ※すべて日本語版
対応パソコン
USBポートを標準で装備しているWindows®対応パソコン
CPU/クロック
Intel® Core™、Pentium® または互換プロセッサ/1GHz以上
メモリー
1.0GB以上
Macintosh 動作条件※ハードウェアのみの対応状況
対応OS
Mac OS X v10.5.8以上 ※すべて日本語版
対応パソコン
Apple Macシリーズ
CPU/クロック
Intel® プロセッサー以上
メモリー
1.0Gバイト以上
必要なハードウェア
DVD-ROMドライブ(インストールに必要)
外形寸法 / 質量
幅 (W)
1,443 mm
奥行き (D)
273 mm
高さ (H)
116 mm
質量
15.9 kg
※ iPad(初代)はお使いいただけません。 ※Windows® XP Media Center Edition/XP Professional x64には対応しておりません。 ※Windowsが動作しているMacはサポート対象外となります。 ※パフォーマンスを必要とするアプリケーションでお使いになる場合、そのアプリケーションが、お使いのMacに搭載されているCPU に対応している必要があります。 ※USB 3.0ポートに接続して正常に動作しない場合は、USB2.0ポートに接続する必要があります。 ※USB 2.0と互換性のないUSB 3.0ポートではお使いいただけません。 ※USB 3.0に接続した場合でも、製品本体のパフォーマンスが変わるものではありません。 ※バス・パワー・タイプのUSBハブではお使いいただけません。
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

アップデーター&ドライバー

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書

お知らせ