FA-66

FireWire AUDIO CAPTURE

FA-66
販売完了

豊富で多彩な入出力端子とスタジオ・クオリティの性能を凝縮したFireWire対応のオーディオ・インターフェース

FA-66は、豊富で多彩な入出力端子を備えた高音質設計のFireWire(R)対応オーディオ・インターフェースです。手のひらサイズのコンパクト・ボディにスタジオ・クオリティの機能を凝縮しています。
 

24ビット/192kHz対応。業界最高峰のオーディオ・クオリティ

FA-66は、FireWire(R)で接続する6イン/6アウトのオーディオ・インターフェース。そのコンパクトなボディには、EDIROLのオーディオ・インターフェースで培われた技術を結集。業界最高峰のオーディオ・クオリティを実現しています。最大24ビット/192kHzに対応し、高音質化が進むDAWアプリケーションの本領を充分に発揮させることができます。 ※デジタル入出力は、24ビット/96kHzまで対応しています。

あらゆる接続に対応する豊富な入出力

FA-66は、あらゆるオーディオ機器との接続が可能な、6チャンネルの入力端子を備えています。インプット1/2は、フロント・パネルに装備されたファンタム電源対応XLRコンボ・ジャック。高品位マイク・プリアンプを搭載し、高音質レコーディングが行えます。また、ギターやベースをダイレクトに接続できるハイ・インピーダンス(Hi-Z)にも対応しています。インプット3/4は、RCAピン・ジャックとしてリア・パネルに配置。RCAピンが多く使われるDJ機器やオーディオ機器との接続に便利です。また、インプット5/6は、デジタル入力としてオプティカルの端子を装備しています。そしてアウトプットは、4つのフォーン・ジャックとデジタル(オプティカル)端子を装備。DAWアプリケーションなどからの出力を、マルチ・アウトでコンソールやエフェクターと接続することができます。なお、インプット1/2、アウトプット1~4のフォーン・ジャックはスタジオ仕様の+4dBuのTRS(バランス)入出力にも対応しています。さらに、外部MIDI機器と接続できる1系統のMIDI IN/OUT端子も装備しています。

信頼性の高い録音が行えるアナログ・リミッター回路を搭載

FA-66は、突然の過入力でもデジタル変換時のクリップ・ノイズを抑え、最大レベルを保つことのできるアナログ・リミッター回路を搭載。ボーカルやアコースティック楽器など、音量が一定しない入力ソースでも常に安定した信頼性の高いレコーディングが行えます。

安定性に優れたドライバで安心レコーディング

FA-66は、Mac OS X標準のドライバ(Core Audio、Core MIDI)に対応することで、ドライバのインストールも不要。FireWire(R)ケーブルを接続するだけで、高音質オーディオ入出力環境が実現できます。また、WindowsではWDM、ASIO(TM)2.0に対応。さまざまなDAWアプリケーションで低レイテンシーの快適なレコーディングが行えます。

FireWire(R)バス電源にも対応

FA-66は、6ピン、4ピン両タイプのFireWire(R)端子を装備。パソコンの機種やFireWire(R)ケーブルの種類を選びません。また、6ピン同士のFireWire(R)ケーブルで接続した場合は、FireWire(R)バス電源による動作も可能。ACアダプター不要で機動力を活かしたレコーディングが行えます。また、モバイル性に優れたオーディオ・インターフェースとしても威力を発揮するFA-66は、アルミニウム筐体を採用。移動時も安心の堅牢設計です。

すぐに音楽制作が始められる最新DAWソフトウェアを同梱。

Cakewalkの定番DAWソフトウェア「SONAR X1」をベースに開発された「SONAR X1 LE」を同梱。SONAR X1 LEは最大32bit/96kHzの高音質レコーディングに対応し、最大32オーディオ・トラック、24プラグイン・エフェクトと8プラグイン・シンセが同時に使用可能な本格的なDAWソフトウェアです。ロックやジャズ、ヒップホップなど、多彩なジャンルに対応するドラム・セットを多数収録し、リアルなドラム・サウンドを再現可能な「Studio Instruments Drum Kit」や、人気音源「D-PRO」と「RAPTURE」から厳選した150種類のサウンドを内蔵した「Cakewalk Sound Center」、シンプルなアナログ・シンセサイザー「Square I」などのプラグイン・シンセサイザー、さらに音作りに欠かせないプラグイン・エフェクトを付属し、手に入れたその日から本格的な音楽制作を始めることができます。

主な仕様
オーディオ録音/再生チャンネル数
〈44.1/48/96kHz〉録音=6チャンネル、再生=6チャンネル(同時録音再生可能)〈192kHz〉録音=4チャンネル、再生=4チャンネル(同時録音再生可能) ※お使いのコンピューターによっては充分なパフォーマンスが出ない場合があります。
信号処理
PCインターフェース=24ビット、AD/DA変換=24ビット
サンプリング周波数
デジタル出力=44.1/48/96kHz、デジタル入力=44.1/48/96kHz、AD/DA変換=44.1/48/96/192kHz
周波数特性
96.0kHz=20Hz ~ 40kHz(+0/-2dB)、48.0kHz=20Hz ~ 22kHz(+0/-2dB)、44.1kHz=20Hz ~ 20kHz(+0/-2dB)
規定入力レベル
入力1~2(XLR)=-50~-10dBu、入力1~2(TRS標準)=-35~+4dBu、入力3~4=-10~+13dBu
規定出力レベル
出力1~4=+4dBu(バランス)
残留ノイズ・レベル
出力1~2=-95dBu
※入力1kΩターミネート、メイン・ボリューム=0dB、インプット・センス=+4dBu、ダイレクト・モニター・ボリューム=OUT1/2ポジション、IHF-A、typ.
信号対雑音比(Typical)
出力=105dB(typ.)、入力=102dB(typ.)
インターフェース
FireWire(R)(IEEE1394)、デジタル入出力=オプティカル(IEC60958に準拠)、MIDI入出力
接続端子
●フロント・パネル
入力1~2(XLR=バランス、ファンタム電源/TRS標準=バランス※入力2はハイ・インピーダンス対応)、ヘッドホン(ステレオ標準)
●リア・パネル
入力3~4(RCAピン)、出力1~4(TRS標準=バランス)、デジタル入力(オプティカル)、デジタル出力(オプティカル)、MIDI(IN、OUT)、FireWire(R)(4ピン、6ピン)
電源
DC9V(ACアダプター)、またはFireWire(R)バス・パワー
消費電流
650mA
付属品
取扱説明書、Driver CD-ROM、FireWire(R)ケーブル(6ピン-6ピン、6ピン-4ピン)、ACアダプター
動作条件【Windows】
対応OS
Microsoft(R) Windows(R) XP Home/XP Professional ※すべて日本語版
対応パソコン
IEEE1394/FireWire(R)ポートを装備したWindows(R)対応パソコン 
※TI(テキサス・インストゥルメント)社製FireWire(R)コントロール・チップを推奨
CPU/クロック
Pentium(R)、Celeron(R)、または互換プロセッサー/900MHz以上 
※192kHz使用時、Pentium(R)4/2GHz以上を推奨 
※互換プロセッサーそのものの互換性に関しては保証いたしかねます。 
※VIA社のチップセットを搭載したパソコンでは、1.5GHz以上を推奨いたします。1.5GHz未満の場合、お使いの環境によっては録音/再生時に音が途切れる症状が確認されています。
メモリー
256Mバイト以上
【IEEE1394インターフェース・カード カード・バス(PCMCIA)用、PCIバス用をご使用の場合】 ※TI社製IEEE1394ホスト・コントローラーを搭載したPCIバス用インターフェース・カードをお薦めします。 ※一部パソコンで、カード・バス(PCMCIA)用IEEE1394インターフェース・カード自体のパフォーマンスが充分に出ていないことが確認されています。
動作条件【Macintosh】
対応OS
Mac OS10.3.4以上 ※すべて日本語版
対応パソコン
FireWire(R)端子を標準で装備したApple(R) Macintosh(R)シリーズ
CPU/クロック
PowerPC G3/800MHz以上、PowerPC G4/700MHz以上
※MacOS X 10.5以上でお使いの場合、Intel プロセッサ または PowerPC G5以上 
※192kHz使用時、G4/1.2GHz以上を推奨 
※Digital Performerをシングル・プロセッサーのMacintoshで使用すると、パフォーマンスが充分に得られず、オーディオ録音、再生時にノイズが乗る症状が確認されています。Digital Performerをお使いの場合はG4/700MHz以上のデュアル・プロセッサーのMacintoshを推奨します。
メモリー
256Mバイト以上
※Mac OS X 10.5以上でお使いの場合、1Gバイト以上
外形寸法 / 質量
幅 (W)
164 mm
奥行き (D)
148 mm
高さ (H)
44 mm
質量
0.65 kg
※Macintoshでご使用の場合、Audio MIDI 設定のオーディオ装置で「クロックのソース」にDeviceを選択してご使
用ください。
※FA-66のFireWire(R)(IEEE1394)ポートに周辺機器を接続する場合には、セルフパワーに対応した機器を接続してください。

※オーディオの録音時には、録音時間や量子化ビット数/サンプリング周波数に応じて、充分なハードディスク空き容量が必要です。

※4ピンのIEEE1394端子に接続する場合は同梱のACアダプターが必要です。

※192kHz動作時は、オプティカル端子は使用できません。



※0dBu=0.775Vrms
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Downloads

アップデーター&ドライバー

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

取扱説明書

お知らせ