子供の習い事に楽器が選ばれる理由

楽器演奏が子供にもたらす効果とは?

ピアノなどの楽器は子供の習い事として根強く人気です。演奏自体の楽しさはもちろん、ひとつひとつの目標をがんばって達成するたびに大きなよろこびがあり、お子様の生活を豊かにしてくれます。幼少期から「音楽に親しむ」ことでお子様が何を得られるのか、具体的に見ていきましょう。

初心者に最適なのはどんな楽器?

叩けば音が出る「ドラム」は、子供にとっては手拍子の延長として、最も「直感的」に演奏できる楽器のひとつです。もちろん、リズム感を磨くには練習が必要ですが、基本的なドラムの叩き方は比較的すぐに習得することができます。お子様が興味を持ちやすく、やる気を持続させやすいドラムは、子供の習い事としてとても良い楽器と言えるでしょう。

楽しみながら身につく自己肯定感

ドラムを始めるにあたって、最初から上手である必要はありません。多くのお子様は、音を出すだけでワクワクするでしょうし、楽しみながら練習するうちに成果が現れていき、親や友達に褒められると自信がつきます。達成することや成長するよろこびを自然と学び、お子様の自己肯定感を高められるのです。

運動能力を磨く

成人男性がドラムを1時間演奏すると、約300-400kカロリーのエネルギーを消費すると言われています。さらに、筋肉の発達や上半身の強化を促しながら、スティックのコントロールを通じて、手のコーディネーション(反射神経)も磨かれていきます。他の趣味にも有意に働き、お子様の身体の成長に良い影響を与えてくれることでしょう。

認知能力を高める

ドラムの演奏には手や足と同じぐらい頭を使います。ごく簡単なリズムをマスターするだけでも、よく聴いて、集中し、拍子を数え、それを記憶に留める必要があり、学校の勉強に近いスキルを要求されます。また、楽器を演奏することには、ストレスを低下させる効果のあることが証明されています。お子様のストレス解消や息抜きにもなるでしょう。

ソーシャル・スキルを高める

SNSなどが発達した現代においても、依然として、音楽は子供同士の絆づくりに役立ちます。音楽教室に通うなどして子供は社会と接し、それまで関わったことのない人々とつながりを持つことになります。さらに、バンドやアンサンブルをするようになると、社会生活において大切なチームワークなどのスキルを身につけることができるのです。

子供がドラムを習うにあたり、親が気にすべきこととは?

このように、ドラムの演奏は、お子様の成長にとても良い影響を与えます。ただ、子供にドラムを習わせたいと思っても、まずは何が必要なの?レッスンはどうすればいいの?音が近所迷惑にならない?など、さまざまな疑問があると思います。次のページでは、子供が習い事としてドラムを始めるにあたり、親として気になる疑問にお答えしていきます。

ドラムの疑問をすべて解消!Q&A

こちらの記事も読まれています

自宅にドラムがあればいつでも練習できる

「ドラム初心者に知ってほしいこと」

ドラムを習い始めたのはいいけど、どこでどうやって練習したらいいんだろう…という悩みはドラム初心者につきもの。自宅に置けるドラムや騒音/振動対策、初心者がドラム・セットで練習することの大切さ、電子ドラムの性能と価格のバランスについて、実際にローランドの電子ドラム「Vドラム」を体験した方々の生の声を交えながらご紹介しています。

自分にぴったりの電子ドラムを見つけよう!

「おすすめ電子ドラム比較ナビ」

ドラムを演奏する人の自宅練習の必須アイテム、電子ドラム。初めての電子ドラム選びには何を選べばいいかわからないという方がほとんど。そんなお悩みを持つ方のための、電子ドラムを知って、比べて、学べるコンテンツ「おすすめ電子ドラム比較ナビ」が、あなたの電子ドラム選びをお手伝い。ぴったりの1台がきっと見つかるはずです。