pic

Q&A

電子ピアノ > キーボードと電子ピアノって何が違うの?

キーボードと電子ピアノって何が違うの?

A. 見た目は似ていても、鍵盤も音も違う、用途の異なる楽器なのです。

電子ピアノは、グランドピアノやアップライトピアノなど、アコースティック・ピアノの演奏が再現できるように作られているのに対して、キーボードは鍵盤楽器を手軽に便利に楽しむために作られている楽器です。ですので「ピアノを弾く」ことが目的でしたら、電子ピアノの方が適していると言えるでしょう。

その違いをわかりやすいところから説明します。まずは鍵盤から。キーボードは鍵盤ひとつひとつの長さや幅が短いものが多く、加えて、本来ピアノは88鍵であるところ、キーボードは32~61鍵と鍵盤数が少ないタイプが多いのも特徴です。

特に大きく異なるのは鍵盤タッチ。アコースティックのように弦を叩くわけではありませんが、電子ピアノの鍵盤には実際にハンマーが入っていて、弾いた時にしっかり手応えが感じられます。これに対して、キーボードは触っただけで音が出る鍵盤です。

キーボードという楽器は、ピアノの音だけを弾くのではなく、オルガンやシンセなどの鍵盤楽器の音から、ストリングスや管楽器の音まで、さまざまな楽器音を楽しむのも、大きな目的のひとつ。ですので、ピアノのハンマーのようなアクションがあると逆に弾きにくいこともあり、やわらかい鍵盤が使われているといった理由があります。

さらに音も違います。電子ピアノはアコースティック・ピアノと同じような豊かな音、響きがします。強弱の表現もリアルで、小さな音から大きな音まで、指先のコントロールをそのまま音にします。ですから、ピアノ特有の美しく滑らかな演奏表現ができるのです。

電子ピアノとキーボードは、用途の異なる楽器とお考えください。ピアノを弾くのが目的の方、特にこれからピアノのレッスンをはじめる方には、少なくともピアノらしい鍵盤タッチと音を表現できる電子ピアノをおすすめします。

pic

こちらの記事も読まれています