R-MIX

Audio Processing Software[R-MIX]

R-MIX
販売完了

先進のV-Remastering技術とVariPhrase技術により、音楽をビジュアル化し、リアルタイムのコントロールを可能にするソフト。

R-MIXは、音楽をビジュアル化し、直感的かつわかりやすくリアルタイムにコントロールすることのできるソフトです。ローランドが新開発したV-Remastering技術(※1)とVariPhrase技術(※2)をベースに、音楽に対してさまざまな信号処理を実現。ステレオ・ミックスとして完成された音楽を周波数、定位、音量の3つのパラメーターで分析し、楽器音をグラフィカルに表示。それらの楽器音を選択して音量バランスを変える、消す、残す、エフェクトをかけるなど、従来では不可能とされていた信号処理をシンプルな操作で可能にします。

※1:V-Remasteringは、オーディオ信号に対して周波数ごとに「レベル」や「定位」といった音楽的情報を算出し、各音色のバランスから残響の再構成まで、トータルにコントロールするローランド独自の信号処理技術です。
※2:VariPhraseは、オーディオ・フレーズを構成する3要素「ピッチ(音程)」、「タイム(時間、速さ)」、「フォルマント(声質)」を独立してリアルタイムにコントロールするローランド独自の信号処理技術です。R-MIXではVariPhrase技術のうち「ピッチ」と「タイム」のコントロールを採用しています。これにより、明瞭なスロー再生およびキー変更が行えます。
※3:周波数や定位がはっきりしない場合など、曲によっては意図した効果が得られないことがあります。

音楽をグラフィカルに表示する、ハーモニック・プレースメント。

 R-MIXは、音楽をビジュアル化し直感的かつわかりやすくリアルタイムにコントロールすることができる、ハーモニック・プレースメントを新たに搭載した音楽ソフトウェアです。例えば、ステレオ・ミックスとして完成された楽曲を、周波数、定位、音量の3つのパラメーターで解析し、楽曲を構成する楽器音をリアルタイムに表示することができます。さらに、解析した楽器音に対し個別に定位や音量バランスを変えたり、消す、残す、エフェクトをかけるといったリミキシング作業を実現。今までにない、音楽のエディットを可能にしました。
 ローランドが新たに独自開発したV-Remastering技術と、テンポ変更時の信号処理技術がさらに進化し、2度鳴りや変調感の影響を最小限に抑え、自然な出音を実現したVariPhrase技術によってサウンドの品質を保ったまま編集が可能です。完成した作品はWAV形式の音楽ファイルとして書き出すことができるので、DAWソフトとの連携や、携帯音楽プレーヤーなどで聴くこともできます。

厳選されたエフェクト、ノイズ・キャンセルを搭載。

 R-MIXには厳選されたエフェクト・アルゴリズムを内蔵しています。ステレオ・ミックスから、ボーカルなど特定のパートだけにエフェクトをかけたり、ヒス・ノイズやハム・ノイズの除去がスライダー操作のみで行えます。
 さらに、楽曲のピッチやテンポも自由に変更可能。ピッチは半音ずつ±12の範囲で、テンポは50~130%の範囲で独立して変更することができます。

スピーディーな作業を実現する、わかりやすい編集画面を採用。

 R-MIXのユーザー・インターフェースは、初めてでもわかりやすいシンプル設計。操作を行う画面は1つだけなので、作業ごとに別画面へ切り替える手間もありません。画面上部のメニューは作業手順に沿って並べられており、曲の読み込みから「耳コピー」、「マイナス・ワン制作」、「リミックス&ノイズ・キャンセル」と、アプリケーションごとにボタンを搭載。書き出しまで一貫して行えます。
 シンプルな説明画面も表示されるので、マニュアルに頼らずスピーディーに作業を進めることができます。

さまざまなアプリケーションに対応。

 R-MIXを使うことで、音楽の楽しみ方が広がります。例えば、既存の楽曲からボーカルやギターなど特定の楽器を消したり、キーを合わせて楽器練習やカラオケづくりを行う「マイナス・ワン制作」、必要な楽器の音を聴きやすくし、テンポを落として再生する「耳コピー」、ライブ録音されたステレオ録音素材から各楽器のバランス調整やイコライジング、ノイズ処理を行うなど幅広い用途でお使いいただくことができます。
 また、ループ再生やマーカー機能を持った2つのトラックを活用することで、複数曲に対して特定の楽器を消したり抜き出したり、さらにはエフェクト処理を行って楽曲を再構築する「リミックス」や、歌声生成ソフトウェアなどと組み合わせた楽曲制作などにも対応します。

iPad対応版、R-MIX Tabもラインナップ。

 R-MIXは、Windows/Macを問わずお使いいただくことができるほか、iPad版として簡易版の「R-MIX Tab」もラインナップされます。R-MIX TabはV-Remastering技術の持つ、オーディオからの特定成分の取り出し、マイナス・ワンを手軽に体験していただくことが可能です。

主な仕様 【Windows、Mac OS】
録音・再生
トラック数:ステレオ×2
同時録音トラック数:ステレオ×1
内部データ形式:44.1kHz、ステレオ
エフェクト
Compressor、Delay、Reverb
インポート可能ファイル形式
WAV(44.1kHz または 48kHz、16ビット、ステレオまたはモノラル)
AIFF(44.1kHz または 48kHz、16ビット、ステレオまたはモノラル)(Mac OS
版のみ)
※16ビット、44.1/48kHz以外のデータ形式や、MP3やAACなどの圧縮フォーマットのデータはインポートできません。
エクスポート・ファイル形式
WAV(44.1kHz、16ビット、ステレオ)
パッケージ内容
パッケージ
R-MIXソフトウェアCD-ROM
R-MIXクイック・マニュアル
ローランド・ユーザー登録カード
動作条件(Windows)
対応OS
Microsoft(R) Windows(R) XP Home Edition/Professional Service Pack 3以上
Microsoft(R) Windows Vista(R)(32bit/64bit)Service Pack 2以上
Microsoft(R) Windows(R) 7(32bit/64bit)Service Pack 1以上
※Windows(R) XP Media Center Edition、Professional x64 Editionには対応しておりません。
※64ビット版OSにインストールした場合は32ビット版アプリケーションとして動作します。
CPU/クロック
IntelR Core?2 Duoプロセッサー/互換マルチコア・プロセッサー2.0GHz以上
※互換プロセッサーそのものの互換性に関しては保証いたしかねます。
 
RAM
2GB以上
※3GB以上を推奨
ハードディスクの空き容量
300MB以上
画面解像度/色数
1,024×768ドット以上/Full Color 24ビット以上
その他
オーディオ・インターフェースまたはサウンド・カード、CD-ROMドライブが必要です。
※Windows XP Mode(Virtual Windows XP)やVirtual PCなどの仮想Windows環境ではお使いいただけません。
※Windowsが動作しているApple Macはサポート対象外となります。
動作条件(Mac OS)
対応OS
Mac OS X 10.5.8以降
CPU/クロック
IntelR Core?2 Duoプロセッサー2.0GHz以上
メモリー
2GB以上※3GB以上を推奨。
ハードディスクの空き容量
300MB以上
画面解像度/色数
1,024×768ドット以上/1,670万色以上
その他
CD-ROMドライブが必要です。
※Windowsが動作しているAppleMacはサポート対象外となります。
ASIO is a trademark and software of Steinberg Media Technologies GmbH.
※製品の仕様及びデザインは改良のため予告なく変更することがあります。

Support

ローランド製品の使用方法などに関するご質問は、Support Search or 製品別Q&Aをご活用ください。お客様から多く寄せられているご質問とご回答をご案内しております。サポート窓口にお問い合わせの前に是非ご覧ください。 また、お客様相談センターにてお電話、eメールでのお問合わせも承っております。お気軽にお問合せください。 上記に加え、取扱説明書のダウンロード、各製品のサポート情報をご覧いただけます。

お知らせ