開発部門

機構技術部 デザイングループ須藤 哲

2015年入社
デザイン工学部 デザイン工学科 卒

ローランドが世界に向けて提供することのできる価値を見極め、製品を通じて表現することのできるデザイナーでありたいと思います。

ローランドに入社を決めた理由音楽の可能性や魅力に作り手の立場から携わりたい

音楽が持つ可能性や魅力を、作り手の立場から携わることで増幅していきたいと思ったのが大きな理由です。

私は、世界中の人々が表現し受容することのできるツールとしての「音楽」に関心があり、自然と「楽器」にも関心を寄せていました。演奏者として音楽に触れる機会は多くありませんでしたが、大学でエモーショナル(感性)デザインやインターフェイス設計の魅力を知り、日用品にはない可能性や魅力を秘めた楽器を通じて、豊かな音楽体験を届けたいという思いから入社を決めました。

現在担当している仕事の内容電子楽器製品のデザイン

ダンスミュージック分野の製品を中心に、電子楽器の製品デザインを担当しています。具体的には企画チーム内でお客様の声やマーケットの情報をもとに、各部の形状や素材、配色など、外観や操作性に関わる要素について検討を行います。担当する範囲が広いので責任も大きいですが、開発の段階を一つずつクリアしていく感覚はとても充実感のあるものです。

先日も、担当していた製品の試作が完成し、企画チームで集まって仕様検討を行った際、新たな課題を含め多くのフィードバックを得ることができました。調整に苦労することもしばしばありますが、意図した結果が出たときは本当に嬉しいです。

自分を成長させた経験分からない内容があればすぐに確認する

開発担当の責任者と情報や意見の交換を重ねることで、新たな知識やスキル、作業感覚を身につけることができていると感じています。デザイン担当は、製品の構造や採用する技術、コストといった条件を理解しておく必要があるので、分からない内容があればすぐに確認する習慣がつきました。また、社内外で業務に関連する記事や書籍に目を通すことが多くなり、以前よりも情報を積極的に入手することができていると思います。最近は得られた知識やスキルを成果に結びつけるため、仕事の進め方について考えることが増えました。

将来達成したいこと製品を通じて表現できるデザイナーになる

製品のカテゴリーやコンセプトの異なる複数の企画を並行して進めることが多く、各々の開発スケジュールの範囲で成果を出す必要があります。今後、部署の一員として活躍していく為にも、まずは周囲の先輩をお手本として、普段の業務の中できちんとノウハウを学びとることを目標に取り組みたいと思います。また、絶えず変化する市場を常に意識することで、ローランドが世界に向けて提供することのできる価値を、製品を通じて表現できるデザイナーでありたいと思います。

ローランドはこんな会社社員同士の交流が多い

魅力的な個性を育み、発揮できる環境だと思います。楽器に限らず様々な趣味、趣向を持った人がいて、みんなとても個性的です。そして、休み時間には社内の至る所で談笑する声を耳にします。私自身も趣味の繋がりで職場のメンバーと交流することが多く、周囲の環境から日々刺激を受けていると実感します。

私のある一日
8:30 始業、朝礼
9:00 部内ミーティング
10:00 外観スケッチ作成
12:00 昼食
12:45 レビュー確認・修正
15:00 休憩
15:10 グラフィック作成
17:15 終業、帰宅
18:00 夕食 社員寮で同期のメンバーと
19:00 趣味活動 サイクリングで汗を流したり、部屋やスタジオでギターを弾いてリフレッシュ。
22:00 読書
24:00 就寝
第2開発部高木 良樹

2012年入社
工学研究科 電気電子工学専攻 卒

音楽の素晴らしさを多くの人に伝えたいです。

ローランドに入社を決めた理由たくさんの人が音楽の素晴らしさを享受する一助になりたい

私が音楽を通じて得たかけがえのない体験から、音楽の持つ素晴らしさをよりたくさんの方が享受する一助になりたいと思い、ローランドへの入社を決めました。

学生時代の私は合唱サークルに所属し、工学系の学生でありながら毎日のように学内の音楽棟に入り浸り、音楽のある生活をしていました。まず音楽があってそこから友達や文化的なものに出合い、生きていく中で大切なことを学んできたように思います。大切なことを教えてくれた音楽と、学んできた電気電子工学を生かせる場所というところでローランドに出会いました。

現在担当している仕事の内容電子ピアノのハードウェア設計

電子ピアノのハードウェア設計業務を行っております。ハードウェア設計と一言で言っても、製品の企画から、基板設計、試作、検証、試験、量産立ち上げまで、ここには書ききれないくらい様々な業務があります。
ルーチンワークもありますが、今もなお、日々新しい業務の連続です。もちろん最初から全てできるわけではありませんので、徐々に経験を積み、任せてもらえることが増えてくると業務にやりがいを感じます。

また、自分が設計として関わった製品がテレビやライブを通じて世の中で使われているのをみるのは、やはり嬉しいものです。

自分を成長させた経験家具メーカーとの共同開発

私が関わった製品として、家具メーカーと共同開発をした電子ピアノ『きよら KF-10』があります。無垢の木ならではの柔らかい質感を持ちながら、電子ピアノとしての最新技術を搭載しています。

製品を世界中で販売するためには各国の規格認証を取得する必要がありますが、この製品は量産開始しなければならないぎりぎりの時期まで認証取得のための調整に時間がかかっており、悶々とした日々を送っていました。しかし、先輩社員や文献から知識を得て試験を繰り返し、なんとか予定どおり生産を行えたときの感慨はとても大きく、同時に試行錯誤の大切さを多く学びました。

将来達成したいことかけがえのない体験ができる製品やサービスの開発

入社時に思い描いたように、音楽の持つ素晴らしさをよりたくさんの方が享受する一助になりたく、製品やサービスによってかけがえのない体験を提供できるような開発をしたいです。抽象的かもしれませんが、これが私にとっての原点であり、その気持ちを大切に今後とも業務を行いたいです。

ローランドはこんな会社社風はオープン。仕事中も音楽が聞こえる

社風はとてもオープンな職場で、業務中も自然とドラムやシンセなど、様々な音楽が聞こえてくることがあります。演奏会の案内を受けることもあり、趣味で音楽に関わっている社員もたくさんいます。

私自身は食と音楽が好きで、昨年、同僚とテクノうどんを真似たイベントを社員寮で行いました。音楽に関わる会社ならではの楽しい企画だったと思います。

私のある一日
8:30 始業・ラジオ体操
8:40 部内ミーティング
9:30 担当機種の設計・検証
12:00 昼食 昼食後や定時後、休憩時間に防音室でピアノ練習をすることも。
12:45 都田事業所へ移動
13:00 製品の耐久性試験対応
15:00 休憩
15:10 試験対応つづき
17:15 終業
17:45 インドネシア語講座 終業後、社内語学教室に参加しています。
19:30 帰宅・買い物
20:00 料理や趣味 音楽鑑賞、読書など。
24:00 就寝
RPGカンパニー RPG設計部 浜松設計グループ田原 大地

2012年入社
情報環境学研究科 情報環境学専攻 卒

楽器の開発は一概に正解があるとは言えません。ですが、それを乗り越えるのがおもしろく、やりがいを感じます。

ローランドに入社を決めた理由音楽文化の発展に楽器を通して貢献をしたい

学生の頃から音楽が好きで、バンド活動をしていました。曲作りにも興味を持ち、その過程でDAWの勉強をしたり、エフェクターの自作やギターの改造をしているうちにローランドの名前を知り、ローランドの製品が過去の音楽に大きな影響を与えていたことを知りました。また、大学では音響工学を専攻しており、音に対する工学的な知識を学んでいました。

これらの経験を活かしたいと思い、楽器作りから音楽文化の発展に貢献できるローランドへの入社を決めました。

現在担当している仕事の内容DSPプログラムの設計・実装業務

DSPプログラムの設計・実装業務を行っています。実際に音が出る部分を担当しているため、音の調整をするのはもちろんのこと、有識者からのフィードバックをどのように反映するか、常に四苦八苦しています。

楽器の開発は一概に正解があるとは言えません。人によって意見は様々ですし、工業製品ですのでコストの制限もあります。ですが、それを乗り越えるのがおもしろく、製品が世の中にデビューする時や、実際にステージで演奏される様子を見た時には非常にやりがいを感じることができます。

自分を成長させた経験製品デモを行うことでユーザーの目線に立ち返ることができた

試作品ができると、社内で製品紹介をする機会があります。ある時、突然の依頼で私がデモ演奏を行うことになり、練習を始めてみると、「これは使いにくい」、「ここはこうなって欲しい」と感じる点がいくつも見つかりました。

開発時はどうしても作り手の目線になってしまい、その時は問題ないと思っていた仕様が実はそうではなかったという事があります。製品のデモを通じてユーザー目線に立ち返ってみることで、製品をより良いものにすることができました。

将来達成したいこと自分のかかわった製品から新しい文化を生み出したい

最近は映像作品が簡単に視聴できる時代になりました。音楽はコンテンツの一部となり、楽曲だけで作品とするよりも、音楽と映像やパフォーマンスを交えて作品とするのが主になってきたと思います。

楽器や音楽という枠組みにとらわれずに新たなエンターテイメントの創造に貢献できるような、ローランドから新しい文化を生み出すような製品の開発を行っていきたいです。

ローランドはこんな会社仕事中も上司ともフランクに話ができる雰囲気で、常に意見交換が行われています

電子楽器の会社ですが、音楽に関わらず多趣味の方が非常に多いです。私は自転車部に所属しており、週末は同僚や社外の方とサイクリングを楽しんでいます。また、毎年大人数でフジロックに参加するなど、音楽好きらしいコミュニケーションも楽しんでいます。仕事中も同様、私の所属する部署は上司ともフランクに話ができる雰囲気で、常に意見交換が行われています。

私のある一日
8:00 出勤 基本的には車での通勤ですが、天気が良い日は自転車で通勤します。
8:30 始業、ラジオ体操、朝礼
9:00 部内ミーティング チームごとの業務の進捗具合、発生した問題などを共有します。
10:00 DSPプログラムの設計 その日に設計するプログラムのフロー図を描きます。
12:00 昼食 週二回は外食しています。
12:45 DSPプログラムの実装 フロー図通りに実装を行い、意図した動作をしているか確認、調整を行います。
15:00 休憩
15:10 DSPプログラムの動作検証 実装したプログラムの動作を先輩やリーダーと共有、フィードバックを得て、そこから再度調整を行います。
17:15 終礼
18:00 帰宅 勤務地が湖沿いのため、早く帰れる日は自転車で湖畔を通って帰宅します。
19:00 家事や趣味 家の仕事をしたり、時間があるときは楽器や自転車をいじっています。
BOSS 第1開発部大村 明香

2011年入社
工学部 電気電子工学科 卒

上司がお客様に「作ってくれてありがとう」と言われたことがあるという話を聞き、感動しました。自分もそのようなエンジニアになれるように努めています。

ローランドに入社を決めた理由エフェクター界のボス的存在と思っていたBOSSで、製品開発に携わりたかった

エフェクター界のボス的存在と思っていたBOSSで、今後の楽器業界を担う製品開発に携わりたかったからです。

ものづくりが好きで大学では工学系を専攻していました。また、昔から音楽も好きでバンド活動もしていたため、好きなことを仕事にできる会社と出会えたことは運命だと思います。実は電気系は苦手分野だったのですが、BOSSで活躍したいというモチベーションにより苦手なことでも頑張ることができています。

現在担当している仕事の内容BOSS製品のハードウェア設計

入社以来、BOSS製品のハードウェア設計を担当しています。BOSS開発のハードウェア担当はほとんどの場合、製品毎に一人で担当しています。そのため責任重大ですが、仕様検討の段階から生産まで一貫して製品と携わることができるため、非常にやりがいを感じています。

他部署と連携して仕事をする機会も非常に多い役割です。お客様の立場はもちろんのこと、売り手の立場、作り手の立場、様々な視点で物事を見たり、考えることに難しさを感じています。それらを積み重ね、より良い製品を作り上げていく為に、様々な人とコミュニケーションをとることを大切にしています。

自分を成長させた経験夢だったアナログエフェクターの設計にアサインされた

これを夢みて入社したといっても過言ではないアナログエフェクターの担当にアサインされたことです。実際に回路を組んで音づくりから携わってみると、わからない回路や動作が多くあり、日々勉強の連続でした。

ハードだけで構成されるという点では、自分の失敗がコストや製品リスクとして如実に見えてくることや、実際にお客様に期待されていることも感じていましたので非常にプレッシャーも大きかったです。

しかし、職場の先輩方の知恵やノウハウを借り、苦難を乗り越えたことや自分の作ったアナログエフェクターが店頭に並び、お客様に手に取って頂けたという喜びが心の支えとなり頑張ることができました。

将来達成したいことレジェンドと呼ばれる製品を作りたい

多くの名機を生み出してきたBOSSですので、レジェンドと呼ばれる製品を作り、私もその歴史に名を刻む製品を手掛けたいと思います。楽器は生活必需品ではないので、製品の存在を知らない人もたくさんいますが、少しでも多くの方が楽器に触れたくなる製品を開発したいと思っています。

また、以前上司がお客様に「作ってくれてありがとう」と言われたことがあるという話を聞き、感動しました。自分もそのようなエンジニアになれるように努力しています。

ローランドはこんな会社部署や年齢の壁が無い会社。様々なジャンルの音楽情報が入手できて面白い。

公私共に部署や年齢の壁が無い会社です。業務中は担当分野が違ってもアドバイスをいただけたりなど、非常に風通しの良い会社だと思います。プライベートでも仲が良く、バンド活動や運動など同僚と一緒に楽しんでいます。良い意味でみんな若いなと思います。また、音楽好きな人が多い会社なので様々なジャンルの音楽情報を入手することができ、とても面白いと思います。

私のある一日
8:15 出社、メールチェック
8:30 始業、ラジオ体操
9:00 試作基板検証
11:00 回路図入力
12:00 昼食
12:45 他機種ハードレビュー
14:00 試作基板検証
15:00 休憩
15:10 試作品実用動作検証(音色確認等)
16:30 ハード勉強会
17:15 終礼
18:00 食事 同僚と女子会(某有名ハンバーグレストランなど)
20:00 趣味 社内スタジオでバンド練習 or テニスやバドミントンなど運動
22:00 帰宅